JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4088
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

現在PIDで治療中ですが、卵巣の炎症は治まりましたが、膿苞が1cmほどあるそうです。摘出以外に穿刺等で治療することは

解決済みの質問:

現在PIDで治療中ですが、卵巣の炎症は治まりましたが、膿苞が1cmほどあるそうです。摘出以外に穿刺等で治療することは可能?もしくは有効でしょうか?
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
どのような治療をしていますか。その膿瘍はどこにありますか。
質問者: 返答済み 2 年 前.

今年の4月15日発熱腹痛により内科受診CRP16.7で腹膜炎と診断され入院、抗生物質による治療、その後婦人科受診、卵巣・卵管の炎症が見られるため、IUDの除去(10年程装着していたもの)及び膣錠にて抗生剤治療、 6月19日発熱腹痛 婦人科にて卵管卵巣(5.5cm程に腫)CRP17.5 入院治療

血液培養にて原因菌の検査をするも確定できず、抗生剤点滴(セフトリアキソンナトリウム)フラジール内服、7/7退院時左卵巣の大きさは3cm大、内部に1cm程の膿苞が見られるとのこと、再発を繰り返すと抗生剤の耐性が出来てしまい、いざというときに炎症下での手術になるリスクが有る為卵巣と卵管の摘出をしたほうが良いと手術を勧められている、片卵巣の摘出をしてもホルモンバランスが崩れることはなく、ガンのリスクも無くなるので、早いうちにとってしまったほうが良いと勧められる。

主治医の治療方針としては、摘出か炎症を起こすたびに抗生剤治療をするかのどちらかとのこと。

私の気持ちとしては、摘出はしたくないが、再発を繰り返したくはない。

仕事をバリバリこなしたく、疲れなどですぐ再発してしまう用では困る。

膿が溜ってる様子なのでそれを抽出するとか摘出以外にになにか治療方法がないのか知りたい。

また、出張の際に使用する飛行機等が膿苞に影響を与えるものでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
CTまたは超音波のガイドのもとで排膿をしてはどうかと思います。もし、その成功率は70パーセントから100パーセントです。それでも再発するようなら腹腔鏡手術で摘出してはどうかと思います。
Dr_GATOをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

回答ありがとうございます。

追加の相談ですが、先の質問にも記載したように、仕事柄出張が多く月に1~2回飛行機を利用する国内出張があります。

膿苞がある状態での飛行機利用は影響が有るのでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
特に影響はありません。
Dr_GATOをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問