JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

明日から京大病院に検査と化学療法のため入院します。先生のおしゃる腫瘍だった場合は悪性のがんということでこの化学療法は

解決済みの質問:

明日から京大病院に検査と化学療法のため入院します。先生のおしゃる腫瘍だった場合は悪性のがんということでこの化学療法は抗癌剤投与ということですよね。その場合は転移の可能性はどの程度でしょうか?又、がんであれば化学療法より子宮全摘出の方で希望を出した方がよいのでしょうか?エコーでは親指のつめ程度のまるが2つと小さ目がもう2つありました。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
悪性の腫瘍(絨毛癌)だった場合は抗癌剤投与を行います。絨毛癌は血行性に転移します。その転移の場所は肺、脳、肝臓、骨盤、腟、脾臓、小腸、および腎臓です。転移があっても低グレイドの癌であれば100パーセント、高グレイドであっても75パーセント完治します。出血がコントロールできな場合は子宮全摘出を行いますがそうでない場合はその腫瘍は抗癌剤に感度が高いので抗癌剤を使います。
Dr_GATOをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問