JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4078
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

33歳、妊娠10週の者です。 妊娠後の膣培養検査で腸球菌1+、ラクトバチルス3+と出ました。また子宮頸がんの検査で

解決済みの質問:

33歳、妊娠10週の者です。
妊娠後の膣培養検査で腸球菌1+、ラクトバチルス3+と出ました。また子宮頸がんの検査でクラスⅡ、子宮膣部びらん、好中球2+とあります。
これは膣に感染を起こしているのでしょうか?婦人科の先生には、おりものも異常なく症状がないため様子をみましょうと言われました。
しかし、膣から子宮への感染が早産の原因となると読んだことがあり、今の時点で何か治療をしなくてよいのか、早産にならないか心配です。
教えて頂けたらありがたいです。
よろしくお願いいたします。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
良い最近であるラクトバチルスが多く、早産を起こすことが知られていない腸球菌が少量ですので現在の時点では治療はしなく良いと思います。
Dr_GATOをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問