JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

私の妻は今年1月後腹膜の直腸腸間膜横に腫瘍が発見され脂肪肉腫(高分化型)と診断されました。ところが7年前福岡浜の町病

解決済みの質問:

私の妻は今年1月後腹膜の直腸腸間膜横に腫瘍が発見され脂肪肉腫(高分化型)と診断されました。ところが7年前福岡浜の町病院の婦人科でのMRIでは同じ腫瘍が漿膜下筋腫と診断されてました。その根拠として子宮に向かって伸びる索状物が矢印で画像に指摘してました。これを現在の主治医に指摘したところ子宮からこれほど離れた場所にが筋腫がある可能性は低いといわれ手術時に腸間膜と血管でつながってれば直腸との合併切除すると言われました。ネットで調べると筋腫が大きくなり直腸を圧迫することもあると書いてありました。腫瘍の大きさは38ミリ×45ミリです。7年間ほとんど変わってません。PETCTの値1.37と1.5くらいです。2月6日の大腸内視鏡検査後本人がその場で検査医師に「直腸腸間膜とつながってますか?」と聞いたところ「つながってません。消化器とは関係ないです」とはっきり言われました。これは大腸内視鏡検査結果の所見にはなく、主治医も知りません。ちなみに検査結果直腸に異常はありませんでした。妻は49歳で昨年閉経しました。手術日がせまってます。宜しくご回答お願いします。 平成27年2月22日

PETCT集積があるのは腫瘍のみで他はどこも異常ありませんでした。

投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
開腹してみなければわかりませんが有茎筋腫のように思います。脂肪肉腫で7年間で大きさが変わらないのは不思議です。また、MRIで脂肪肉腫と子宮筋腫は区別できるはずです。県立病院または大学病院のような大きな公立病院でセカンドオピニオンを受けてはどうかと思います。しかし、大腸内視鏡検査では直腸腸間膜とつながっているかはわかりません。
質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答有難うございます。大腸内視鏡検査では直腸腸間膜とつながってるかわからないとのことですが、今回の内視鏡検査ではこの腫瘍に対し直腸からのEUS評価わ行ってます。2月6日の内視鏡検査の消化器内科医師の所見をそのまま以下に述べます。

{コメント}CFH260AIで開始。終末回腸まで挿入、局在病変を認めません。CT

で直腸RS付近に後腹膜腫瘍を認めますが、明らかな壁外性圧排所見は認めません。肛門縁すぐの直腸Rbに5㎜大isポリープを認め、生検①しました。他の観察範囲内の大腸に局在病変を認めません。GF-UM2000にscopeを入れ替えて直腸RS付近まで挿入し、引き抜きながらEUS専用機で観察しました。直腸RS付近左側壁付近に49×35㎜大の内部がやや不均一で一部に低エコー混じた病変を認め、おそらく既知の後腹膜腫瘍と考えます。明らかな脂肪成分を疑わせる高エコーは認めず、既知の腫瘍でない可能性も否定できません。EUSでは直腸壁への直接浸潤は否定的と考えます。 原文のままでした。

この後妻がこの検査医師に聞いたところ、確信をもったように「腸間膜とはつながってません」「消化器とは関係ないです」と言ったようです。

2月19日に造影MRIを検査しました。その結果はまだ聞いてません。

そこで脂肪肉腫と子宮筋腫の区別がつくのでしょうか?

某大学病院で手術予定です。担当医は手術時に腫瘍と腸間膜が血管でつながってるかどうかで直腸との合併切除するかどうか決めるそうです。

ちなみに妻は自分でお腹をさわってみてしこりの位置が少しずれる事があるといいます。宜しくご回答お願いします。

質問者: 返答済み 2 年 前.

ご回答有難うございます。大腸内視鏡検査では直腸腸間膜とつながってるかわからないとのことですが、今回の内視鏡検査ではこの腫瘍に対し直腸からのEUS評価わ行ってます。2月6日の内視鏡検査の消化器内科医師の所見をそのまま以下に述べます。

{コメント}CFH260AIで開始。終末回腸まで挿入、局在病変を認めません。CT

で直腸RS付近に後腹膜腫瘍を認めますが、明らかな壁外性圧排所見は認めません。肛門縁すぐの直腸Rbに5㎜大isポリープを認め、生検①しました。他の観察範囲内の大腸に局在病変を認めません。GF-UM2000にscopeを入れ替えて直腸RS付近まで挿入し、引き抜きながらEUS専用機で観察しました。直腸RS付近左側壁付近に49×35㎜大の内部がやや不均一で一部に低エコー混じた病変を認め、おそらく既知の後腹膜腫瘍と考えます。明らかな脂肪成分を疑わせる高エコーは認めず、既知の腫瘍でない可能性も否定できません。EUSでは直腸壁への直接浸潤は否定的と考えます。 原文のままでした。

この後妻がこの検査医師に聞いたところ、確信をもったように「腸間膜とはつながってません」「消化器とは関係ないです」と言ったようです。

2月19日に造影MRIを検査しました。その結果はまだ聞いてません。

そこで脂肪肉腫と子宮筋腫の区別がつくのでしょうか?

某大学病院で手術予定です。担当医は手術時に腫瘍と腸間膜が血管でつながってるかどうかで直腸との合併切除するかどうか決めるそうです。

ちなみに妻は自分でお腹をさわってみてしこりの位置が少しずれる事があるといいます。宜しくご回答お願いします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
その超音波(EUS)での大きさとMRIでの大きさがほぼ一致していることからその超音波で認められたものが腫瘍と考えられます。超音波からの所見から脂肪肉腫とは考えにくいです。造影MRIは参考になると思います。
Dr_GATOをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 2 年 前.

担当医より造影MRIの説明で脂肪が腫瘍と直腸の間に張り付いているので合併切除するといわれました。脂肪をはがして血管でつながってなければ腫瘍のみとりたいのですが、最初からそれはせずにいきなり合併切除すると言います。脂肪肉腫の可能性が高いと言います。至極迷ってます。宜しくご回答お願いします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
手術の際に生検をして迅速病理で何であるか見てもらってください。高分化型の脂肪肉腫であれば腫瘍を完全に取り除けば5年生存率は100%です。高分化型の脂肪肉腫は周りと付いていることが多く、不完全に切除した場合はその局所に再発をします。転移をすることは稀ですが、局所再発を繰り返すことは低分化になる可能性があり、低分化になると転移を起こします。脂肪が腫瘍と直腸の間に張り付いている場合は直腸を合併切除することが局所再発を防止するために無難であると思います。
質問者: 返答済み 2 年 前.

手術前の説明で腫瘍は2層で49×35㎜の腫瘍とまわりを取り巻く脂肪も脂肪肉腫だろうというのです。併せて65ミリです。つまりまわりの脂肪が高分化の脂肪肉腫で49×35ミリは脱分化だろうというわけです。手術を25日に終わり脂肪部分まできれいに摘出したと説明うけました。腫瘍は一部直腸に張り付いており9cm直腸を合併切除しました。約1月後に病理検査の結果がでます。ただ以前の説明した通り2008年10月のMRIの画像にもほぼ全く同じように腫瘍は2層になっており40数ミリの腫瘍と脂肪がとりまいています。

大きさもほぼ同じで約6cmと書いてありました。お聞きしたいのは、主治医が説明するように脱分化の高悪性脂肪肉腫ならば、7年にもわたって大きさもかわらず、どこにも転移しないものでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
術中の迅速病理はしなかったのでしょうか。脱分化であれば20-30%の転移の可能性があります。もし7年間転移しなかったことはとても運がよかったと思います。または最近脱分化したのかもしれません。病理の結果辛抱ずよく待ってください。
質問者: 返答済み 2 年 前.

家内の姉妹から聞いたのですが、家内は49歳ですが20代のころからおなかにしこりがあるのは訴えていたみたいです。いままでの情報提供で後藤先生も脱分化とおもわれるでしょうか?検査結果を待ちたいと思います。

質問者: 返答済み 2 年 前.

家内の姉妹から聞いたのですが、家内は49歳ですが20代のころからおなかにしこりがあるのは訴えていたみたいです。いままでの情報提供で後藤先生も脱分化とおもわれるでしょうか?検査結果を待ちたいと思います。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 2 年 前.
脱分化ではないと思います。脱分化であれば転移をしていると思います。
Dr_GATOをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問