JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4097
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

年に1回~2回ほど、生理前に激しい下腹部痛に襲われ仕事に行くことはもとろん、立つこともできないほどの痛みに襲われます

質問者の質問

年に1回~2回ほど、生理前に激しい下腹部痛に襲われ仕事に行くことはもとろん、立つこともできないほどの痛みに襲われます。
今日も急激な下腹部痛と吐き気、めまい、冷や汗といった症状に襲われ急遽休みをとることになりました。
急激に襲われるたび仕事を休むのは職場にも迷惑をかけています。
PMSを疑っているのですが、これは生理のたびに毎回なるものではないのでしょうか?
急激に襲われる下腹部痛に周期はありません。
ちなみに、月経周期は35日程度、1週間程度の月経期間、経血量は通常量です。
※前回、腹痛に襲われたときにも婦人科へ行ってみましたが特に異常はなし。
また、9/29に行った婦人科検診(内診)でも異常なし。
特に大きなストレスもこれといって抱えていないです。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
生理のたびに毎回なります。
鎮痛剤(市販のロキソニン)で軽快するならばそれを続けてください。それが効果がなければ公立病院の婦人科で処方箋で痛み止めかピルを処方してもらってください。
イブプロフェンを4時間から6時間ごとに400ミリグラムから600ミリグラム、または8時間おきに800ミリグラムを3日間処方してもらってください。それで効果がなければメフェナム酸を始め500ミリグラム内服、それから6時間おきに250ミリグラム3日間内服してください。
前兆のある偏頭痛があるなどの禁忌がなければピルを処方してもらってもいいと思います。
痛み止めのみ、またはピルのみで効果があまりないようなら痛み止めを併用してみてください。

産婦人科・婦人科 についての関連する質問