JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4034
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

2011年9月に、子宮筋腫にて子宮(1.9Kg)と右卵巣腫瘍を切除しました。 組織検査にて、卵巣は異常ありませんで

解決済みの質問:

2011年9月に、子宮筋腫にて子宮(1.9Kg)と右卵巣腫瘍を切除しました。
組織検査にて、卵巣は異常ありませんでしたが、子宮平滑筋肉腫(肉腫は子宮内だけに数個あり)と診断され、12月にPETを受けましたが転移はみられませんでした。
その後、経過観察のため受診を続け、2013年10月CT検査にて肝臓転移の疑いがあり、MRI検査にて肝嚢胞と診断されました。
現在も、4か月おきに診察(内診)していますが、内診で異常はなく、腹部を触ってもやわらかいので問題ないとのことです。今後の検査等について主治医に確認したところ、CT検査は昨年異常がなかったので、5年後に行い、異常がみつからなければ、その後の診察は受けなくてよいとのことでした。
子宮肉腫をネットで調べても症例が少ないためか、情報があまり得られません。
主治医からも、組織検査でたまたま見つかった肉腫なので、心配ないといわれますが、やはりこのまま何もしなくてよいのか、いくら被爆するからといっても、毎年CT検査をしなくてよいのか心配になります。
今後の治療、また気をつける点があれば教えていただきたいので、よろしくお願いします。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
そのステージに関わらず再発の可能性が高いので普通は内診を治療後2年から3年の間、3ヶ月から4ヶ月ごとに内診、PETやCTなどの画像検査、それから次の2年間は6ヶ月から12ヶ月ごとに行います。今後の治療は再発がない場合は必要ありません。平滑筋肉腫は肺、肝臓、腹腔、骨盤、傍腹部大動脈リンパ節に一般的に転移します。定期検診と少しでも体に異常を感じた場合は直ちに担当医を受診してください。
質問者: 返答済み 3 年 前.

体の異常についてお尋ねします。


お腹の奥の方の痛み(チクチクではなくドーンとした感じ)はたまにあるのですが、たまたま排卵後数日に受診した時に主治医より、「排卵により卵巣が腫れているからだろう」と言われ、異常とはどんな症状があるのかわかりません。肺転移は息苦しくなるのでしょうか?


転移しやすい部位の主な症状があれば教えて下さい。


また、ネットで調べると、転移した場合、効果のある治療法は確立されていないとあります。効果がわからないのに、抗がん剤などの治療をうけた方がよいのでしょうか?治療をうけないのと、うけるのでは、日常生活への影響(副作用など)や余命で明らかな違いがでるものでしょうか?


現在、転移していない状態で回答は難しいかと思いますが、急に診断が下った時の心構えとして、よろしくお願いします。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
肺では持続する咳、持続する胸の痛み、肝臓では持続する右上方のお腹の痛み、黄疸、持続する食欲不振、腹腔、骨盤では持続するお腹の痛み、持続する便秘、傍腹部大動脈リンパ節では持続する下肢の浮腫などがあげられます。
局所再発は手術を行うことで延命をはかることができます。遠隔転移に関してはゲムシタビンとドセタキセルを組み合わせた抗がん剤療法が有効です。
質問者: 返答済み 3 年 前.



質問者: 返答済み 3 年 前.

症状についてよくわかりました。


診察中には、なかなかゆっくりと質問する事ができず、不安に思うことがあるので、教えていただいて少し気が楽になりました。


あと、ひとつ気になっているのが、転移する確率と、遠隔転移した場合と局所転移の生存率はどのくらいだとお考えですか?


資料により確率に幅があるので、わかる範囲でいいので教えていただきたいです。


難しい質問ですみません。


色々と教えていただけた先生なので、なかなか聞けないことを質問してしまいました。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.
5年生存率はステージの1期ですから76%です。子宮に限局していたので5年後の再発率は約16%です。肺への遠隔転移が最も多く局所転移の可能性はまれです。遠隔転移の場合その2年間の生存率は78%で3年間では50%です。局所転移の資料は見つかりませんが遠隔転移よりいいと思います。
Dr_GATOをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問