JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中
産婦人科・婦人科

妻が4月上旬の子宮頸がん検査(細胞診)でHSILと診断されました。クラス分けではなくHSILとだけ言われがんの一歩手

前の状態で約20%はがんになる可能性があると
言われました。4月の中旬にHPVタイピング検査を行い16、18型は陰性でしたが
その他の型は陽性となりました。その後5月7日にコ゚ルポ診、組織診を行いましたが
検査後、特に先生から話もなく翌日に止血のため訪れたときに1週間後に検査結果がでるとのことでした。非常に心配であると同時にHSILと細胞診で診断されましたが
組織診で大幅に悪い結果になる場合はあるのでしょうか。無理な質問で申し訳ございませんがよろしくお願い申し上げます。
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
産婦人科・婦人科 に関する質問をする
返答済み 3 年 前.
子宮頸部上皮内腫瘍(前癌状態、癌ではない)は1から3まであり1は軽度3は重度です。16、18型陰性のHSILは組織診で子宮頸部上皮内腫瘍(CIN)の2,3及び子宮頸がんである可能性があります。CIN2である可能性は69パーセント、CIN3である可能性は47パーセント、子宮頸がんである可能性は7.3パーセントです。
質問者の返答 返答済み 3 年 前.

ご返事頂き有難うございます。


 


中度、重度でも円錐手術などの治療を行うとネットで知りましたが


子宮頸部上皮内腫瘍の可能性が高く、治療の余地が十分あると


考えていいのでしょうか。HSILと細胞診で言われ命にかかわること


なる可能性はないのでしょうか。


 

Dr_GATO, 医師、医学博士 返答済み 3 年 前.
子宮頸部上皮内腫瘍の可能性が高く、治療の余地が十分あると考えていいと思います。細胞診で子宮がんと判定されていないので子宮頸がんであっても初期の可能性が高いと思います。初期であれば手術で完治します。
質問者の返答 返答済み 3 年 前.

ご返事有難うございます。細胞診でがんとは判定せれておりませんが先生がおっしゃるにはまだがんとなったわけではないから大丈夫とおっしゃっていただいてしますが細胞診と組織診の違いも多少の誤差があるとおもいますがある程度信じてよいものなのでしょか。精度はどの程度のものなのでしょうか。


 

Dr_GATO, 医師、医学博士 返答済み 3 年 前.
細胞診が癌でないならば組織診が癌でない可能性は92.7%です。
質問者の返答 返答済み 3 年 前.

ご返事有難うございます。


HSILと判定されその後HPVタイピング検査(ジェノアタイプ)を


保険適用で行われました。先生は陰性であればまったく心配ないのだか


とおっしゃっており陽性だから注意深く観察する必要があるともおっしゃっていました。その後色々調べるとタイピングテストのタイミングは組織診を行った後、CIN1、CIN2となると保険適用での検査が可能であると聞きました。それに重度の病変がある場合はHPVの感染は間違いないので検査の意味がないのではないかと思うのと同時に


検査の順番が違うのは何か意味があるのでしょうか。

Dr_GATO, 医師、医学博士 返答済み 3 年 前.
普通、細胞診が陽性の場合、頚癌を起こす可能性の高い16、18型であるかどうかを調べるためHPVのテストをそのサンプルを用いて行います。それはもし、陽性で癌でない場合にその後のフォローアップが陰性の場合と比べて違います。
質問者の返答 返答済み 3 年 前.

ご返事遅れ申し訳ございません。


有難うございます。組織診の結果 3か所うち1か所目は陰性。2か所目


CIN2、3か所目がCIN3と診断され高度異形成の診断となり円錐切除手術を行うことになりました。まだがんではないが手術をししっかり検査


したほうが良いとの判断となりました。適切な治療法と考えておりますが先生のご所見頂ければと思います。


ちなみに細胞診はⅢAのHSILでした。

Dr_GATO, 医師、医学博士 返答済み 3 年 前.
円錐切除手術でいいと思います。もし、切除断端に異形成が認められた場合はさらに円錐切除をしてその部分を除きます。それでも断端に異形成が認められるようなら子宮全摘をした方がいいと思います。
質問者の返答 返答済み 3 年 前.

ご返事有難うございます。


今回円錐切除になりましたが円錐切除後心配なのは


大幅に悪い結果になる可能性はやはりあるのでしょうか。

質問者の返答 返答済み 3 年 前.

ご返事有難うございます。


先週 円錐切除手術を行いました。手術後先生が切り取った部分を


見せて頂きその際、顕微鏡で見ないとわからないがおそらく大丈夫と


の御話を頂きました。ベテランの先生で多くの経験もお持ちの先生


だと思います。切り取った部分をみてある程度判断がつくものなのでしょうか。ご返事頂ければ幸いですよろしくお願い申し上げます。

Dr_GATO, 医師、医学博士 返答済み 3 年 前.
顕微鏡で見ないとはっきりしたことはいえないと思います。それと切除断端にその病変が及んでいる場合は再度、円錐切除手術または子宮全摘をする必要があります。
質問者の返答 返答済み 3 年 前.

ご返事有難うございます。CIN3高度異形成で円錐切除を行いましたが


現状では顕微鏡で判断する状態であり非常に目視でわかるような進行したものではないと考えていいのでしょうか。できれば円錐切除で終わって欲しいのが本音です。追加治療の必要はどの程度の可能性ですか。


無理なご質問申し訳ございませんがよろしくお願いします。

Dr_GATO, 医師、医学博士 返答済み 3 年 前.
現状では顕微鏡で判断する状態であり非常に目視でわかるような進行したものではないと考えていいと思います。切除断端にCIN3高度異形成があるかどうかは肉眼ではわかりませんから追加治療の可能性について述べることは不可能です。
質問者の返答 返答済み 3 年 前.

ご回答有難うございます。


円錐切除後の結果が出ました。CIN2が一部あったようですが


断端は陰性ですべて取りきれたようでした。追加治療もなく


3ヶ月に1度の定期検査を今後行っていくとのことでした。


良い結果に安心しておりますが治癒的結果と考えたいのですが


いかがでしょうか。


返信遅れ申し訳ございません。

Dr_GATO, 医師、医学博士 返答済み 3 年 前.
治癒と考えていいと思います。しかし、定期検診をしっかり受けてください。

産婦人科・婦人科 についての関連する質問