JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4088
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

子宮体癌のリスクについて、お尋ねします。 6~7年前から、1時間程度の仕事で疲れてしまい仕事にならないため、近所の

解決済みの質問:

子宮体癌のリスクについて、お尋ねします。
6~7年前から、1時間程度の仕事で疲れてしまい仕事にならないため、近所の婦人科を受
診したところ、女性ホルモンの値が異常に低く(80歳台の数値と言われました)49歳くらいか
ら女性ホルモン補充療法を行っています。
現在、体調は良いです。56歳。出産経験はありません。
プレマリンというホルモンの薬を飲む際、現在は24日のうち、ラスト10日についてプロゲストンを
一緒にのんで、飲みおわる頃に2~3日出血があります。
プロゲストンを飲まなければ出血なしですが、その場合、子宮内膜の新陳代謝が行われなくなって
体癌のリスクは高まるのでしょうか?
投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.

プレマリンはエストロゲンを言うホルモンで子宮内膜を増殖させて子宮体癌を起こすリスクを増大します。プロゲストンはそれを飲み終えたでそのホルモンがなくなる時に子宮内膜の血管が収縮し子宮内膜に栄養が行かなくなり剥がれ落ちます。即ち,プロゲストンはエストロゲンの作用に拮抗して子宮体癌のリスクを少なくします。プロゲストンは必ず飲んでください。しかし,そのホルモン療法は血栓(心筋梗塞,脳梗塞)を起こす可能性が多少あるので4年間以上は飲まないことをお勧めします。

Dr_GATOをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問