JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4057
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

12w3Dで初期胎児ドック・初期ママ血清マーカーを受けました

質問者の質問

現在37歳(出産時38歳)、12w3Dで初期胎児ドック・初期ママ血清マーカーを受けました。(かかりつけ医にははなしていません)


 


胎児の静脈管の血流?(三尖弁逆流は大丈夫でした)、妊娠週数の割には、胎児の心音の戻りが若干遅いとのことでした。(若干だけど、心拍の波形の谷の戻りがもう少し緩めだといいんだけどと言われました。) でも、どちらからの逆流なのかはよくわかりませんでした。(声がききとれませんでした)


 


臍帯は3vesselcord、羊水は正常。 CRLは62.3mm、NTは1.6mm、BPDは21.6mm、FHR161bpm。 頭部、顔面、頸部、脊椎、胸部、大血管、腹壁、胃、腎臓、膀胱、上肢、下肢はすべて「正常概観」です。


 


 


鼻骨:あり(長さは言われませんでしたが、ここですよ~ってお話されてました)、三尖弁逆流:なし、胎児心拍:心拍動あり、FHR161bpm、前全脳胞症:なし、横隔膜ヘルニア:なし、 臍ヘルニア:なし、巨大膀胱>=7mm:なし 。


 


 


free beta_hCG 96.300lU/l,=1.8476MoM 、PAPP_A 0.672lU/l,=0.6110MoM 。


 


 


上記により導かれました結果は、21トリソミー:1/90 、 18トリソミー:1/1233 、 13トリソミー:1/5525でした。


 


 


受信した胎児クリニックは、「1/100」を基準に羊水検査等をお勧めしているようですが、 先生曰く「ちょっとずつ悪くての結果だから、本当に微妙なんだよね」とおっしゃっていました。


 


専門家のみなさんから見ても、やはり羊水検査をお勧めされますでしょうか。 よろしくお願いいたします。

投稿: 3 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 3 年 前.

胎児の喪失のために羊水検査に抵抗があることはよくわかります。あなたの結果は90人の妊婦のうち1人はダウン症の胎児をもち残りの89人は正常の胎児をもっていることを意味します。そのテストは85%のダウン症胎児を見つけることができますが5%は擬陽性です。妊娠第2期に母体血中のAFP、UE3、β-hCG、およびインヒビン-Aをして今までの結果を含めて総合的に判断してはどうかと思います。その結果で羊水検査をしてはどうかと思います。羊水検査に抵抗があるなら血中の無細胞胎児DNAを測定してはどうかと思います。その感度はダウン症胎児を発見する率は99.1%でダウン症のない胎児をダウン症胎児だと誤診しない率は99.9%です。もし、それで陽性であるなら羊水検査で確定するひつようがあります。しかし、それは現在、日本では37の施設で臨床研究が行なわれています。それらは国立成育医療研究センター、大阪大学病院、広島大学病院等が上げられます。その検査の説明を受けたい医師と話をしてみてください。 http://www.ncchd.go.jp/hospital/section/perinatal/nipt.html

産婦人科・婦人科 についての関連する質問