JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4104
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

子宮内膜細胞検査を受けたところ以下のような結果でした。 細胞判定:疑陽性 細胞所見:扁平上皮細胞± 頸管内膜

解決済みの質問:

子宮内膜細胞検査を受けたところ以下のような結果でした。

細胞判定:疑陽性
細胞所見:扁平上皮細胞± 頸管内膜細胞+ 体内膜細胞+ 好中球± 赤血球2+
所見:核と核小体肥大を伴う細胞がシート状に出現しています。細胞異型に乏しい。閉経 後にしては細胞が委縮性ではなくEH(non-atypical)の可能性が疑われます。

現在54歳。再検査を受け病理組織検査の結果待ちです。
既に子宮体がんに罹っているものと覚悟たしほうがよい状態でしょうか?
結果を聞くためにそれなりの心構えが必要と思いご質問させていただきますのでどうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
子宮内膜細胞検査の結果からは子宮内膜増殖症で子宮体がんではありませんが子宮体がんの前癌状態です。異型(non-atypical)細胞がないことからプロゲステロンのようなホルモン療法で直る可能性が高いです。直らない場合は子宮を摘出する必要があります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

早速のご返答ありがとうございました。ホルモン療法を試みることになった場合、子宮摘出手術手術が必要かどうかを見究めるまでに、標準的なケースではどの程度の期間かけるものなのでしょうか?また、ホルモン療法の結果が良好でなかった場合に、がんが進行してしまい予後に影響を及ぼすとことはないのでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
現在54歳ですから子宮全摘の方がいいと思います。どうしても子宮全摘をしたくないならばプロゲステロンのホルモン療法を3ヶ月から6ヶ月行ない、その後再度、細胞の検査をして細胞の増殖がまだある場合には子宮全摘をします。もし、細胞の増殖がないには定期的に検査を行ないます。癌に進行する可能性は1%から3%です。
Dr_GATOをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問