JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4036
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

こんにちは。 妊娠11週目の33歳・初妊婦です。 お世話になります。 昨日、婦人科受診時の経膣エコーの際、前置胎盤の可能性を指摘されました。 子宮口を塞ぐかたちで、二ヵ

解決済みの質問:

こんにちは。
妊娠11週目の33歳・初妊婦です。
お世話になります。

昨日、婦人科受診時の経膣エコーの際、前置胎盤の可能性を指摘されました。
子宮口を塞ぐかたちで、二ヵ所 ほど脈打つ血流が見え、ここがおそらく
胎盤になろうとしていると思うと先生がおっしゃいました。

前置胎盤の確定診断は20週以降にするものとのことで、それまでに改善される
場合もあるとのことでしたが、わたしのように子宮口の前に今回のような
血流の所見が見られる場合は前置胎盤として定着する可能性が高いと言われ、
肩を落としています。

自分でネットで調べたところ、前置胎盤と診断を受けるも、子宮が膨らむに
つれて、やがて前置胎盤から脱け出せたという方の体験談も多く目にします。

そのような改善が見られたケースは、わたしが指摘を受けた状態とは
初めから異なるものなのでしょうか。改善する場合もあると いう説明の際に、
先生がわたしのケースにおいては、やや否定的な論調だったのが気になっています。

中期頃に前置胎盤と診断される方が多いようですが、わたしの場合は11週に
入ったばかりの早い段階でシリアスな先生のお話があったので、あまり希望はないものと
解釈すべきなのでしょうか。

状況を追うしかないとは理解していますが、現状と正しく向き合うためにも、
こちらで専門家の先生より、ご意見を頂戴できますと大変有り難く存じます。

お忙しいなか恐縮ですが、どうぞよろしくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
妊娠初期では子宮が小さく,胎盤が子宮口にかかって見えることが良く有ります。子宮が大きくなるにつれて大部分の方はその胎盤が子宮口にかかってないことが判明します。20週以降に超音波で見てもらってください。残念ながら前置胎盤は治療することはできません。しかし,妊娠は注意深いフォローで無事に帝王切開で出産することができます。お腹の張りのため出血するようであれば入院することが必要となります。
質問者: 返答済み 4 年 前.

 


早速のご回答ありがとうございました。


 


前回のメールで申し上げましたように、主治医の先生が前置胎盤になるリスクが高めだというニュアンスでおっしゃいましたので、特にわたしの状態は、現地点でもうすでにシビアな予測が立つものなのかと心配していました。


 


特に異例のケースというわけではなく、また、そのような判断を下せる段階でもないという捉え方で正しいのでしょうか。


 


分娩設備のない街の婦人科で診ていただいていますので、継続して診察している症例が少ないということも考えられるものでしょうか。早いうちに、分娩を予定している総合病院に転院をしたほうがいいのか、その点についてもご見解がおありでしたらお聞かせいただけると幸いです。


 


たびたび恐縮ですが、よろしくお願いいたします。


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
その血管は子宮の動脈の可能性が有ります。前置胎盤になるかどうかまだ分かりません。20週以降の超音波で分かります。前置胎盤は早期の陣痛が起る場合、出血の可能性が有ります。普通,早期の陣痛は30週以降からです。20週以降に超音波で再検査し,前置胎盤であるようなら分娩を予定している総合病院に紹介してもらってください。
質問者: 返答済み 4 年 前.

 


ありがとうございます。


前置胎盤か否かは、現在お世話になっているクリニックで経過を見てまいりたいと思います。


今回いただいたお話のなかで、ひとつお訊きしたいのは、前回10週のはじめごろの超音波では見えなかった血管が、11週になって子宮の動脈として見えてくることがあるのですか。


 


素人の発想で「前置血管」という言葉が浮かんだのですが、それとは違うものでしょうか。また、前置血管に発展する可能性はあるのですか。


 


はんぱに耳年増になっているせいで、度重なる質問となり申し訳ありません。


 


ご助言よろしくお願いいたします。


 

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
前回10週のはじめごろの超音波では見えなかった血管が、11週になって子宮の動脈として見えてくることはないと思います。もし,そうだとすると胎盤または臍帯の血管である可能性が高いと思います。
現在のところ(11週)では胎盤の形成が超音波でははっきりしないので何とも言えないと思います。超音波でのフォローアップが必要と思います。
Dr_GATOをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

 


貴重なお時間ありがとうございました。


 


確かに胎盤もまだ出来上がっていないので、経過を見ていくしかないですね。


いろいろと懸念していることが、回避されることを願いながら、主治医の先生と様子を見ていきます。


 


このたびは、お世話になりました。ありがとうございました。

産婦人科・婦人科 についての関連する質問