JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4105
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

こんばんは。今日トリプルマーカー検査報告書をもらいました。私は現在43歳で妊娠17週目です。AFP 54.0 ng/ml

質問者の質問

こんばんは。今日トリプルマーカー検査報告書をもらいました。私は現在43歳で妊娠17週目です。AFP 54.0 ng/ml MOM1.10
HCG 103000 mIU/mL MOM 2.65
uE3 0.45 ng/ml MOM 0.64
と1/7の確率になってしまいました。検診ではあかちゃんは元気と言われてきたので悩んでいます。不妊治療を耐え、やっと授かったので。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
トリプルマーカー検査は90-95%の検出率がありますが擬陽性の率が14.7-32%です。そのため超音波での項部透過性(10ー13週)、PAPP-A(10-13週)、inhibin A(15-18週)を加えた統合された検査が必要となります。その統合された検査は最も高いダウン症を検出率があります。その検出率は90-95%で,擬陽性の率は2.1−5.0%です。
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。血液検査だけで項部透過性(10ー13週)、PAPP-A(10-13週)、inhibin A(15-18週)は受けていませんのでなんとも・・・。救いは心音が、つよく元気にうごきまわっているくらいしか超音波検査では言われず安心していたことです。羊水検査に進まないつもりでいますが赤ちゃんの活発さを信じて良いものでしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
赤ちゃんの活発さだけでは何とも言えませんが超音波検査で18-20週の超音波でダウン症に特徴的な体表的特徴、心臓の奇形等が認められなければ安心していいと思います。
質問者: 返答済み 4 年 前.


今週18週になるので超音波検査を受けようと胎児ドック予約しました。先生は胎児ドックをどう思われますか?この検査で安心して妊娠生活が穏やかに過ごせるよう願いたいです。回答ありがとうございました。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
胎児ドックは良いと思います。しかし、それはダウン症を完全に否定するものではないことを承知してください。私の意見としては羊水検査を受けた方が良い思います。羊水検査の流産の影響は羊水検査無しの流産に比べて若干高く300から500分の1であることが知られています。しかし、その選択は本人次第です。
Dr_GATOをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.


胎児ドックを受診してきました。一応、指摘されることはないという結果でした。少し気持ちが落ち着きました。


羊水検査は体外受精で今回さずかったので何かトラブルがあったら?とか不安で進む自信がなくて・・・。いつも回答ありがとうございます。

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
どういたしまして。お気持ちは十分理解できます。ダウン症のリスクは完全には否定できませんがその可能性はその超音波の結果から少ないように思えます。体外受精で授かったことからリスクを承知の上で妊娠を継続した方が良いように思います。

産婦人科・婦人科 についての関連する質問