JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4089
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

50歳の神奈川県川崎市に在住する者です。子宮内膜増殖症についてお伺いします。宜しくお願いします。 因みに私は母が日

解決済みの質問:

50歳の神奈川県川崎市に在住する者です。子宮内膜増殖症についてお伺いします。宜しくお願いします。
因みに私は母が日本人、父がアメリカ人のハーフです。

3年ほど前に更年期を迎えてから生理が狂い始めました。最初は生理がなか なか来なくて婦人科を受診。しかし妊娠ではなく、単にホルモンバランスのせいと言われました。
その後生理はきたものの、今度はそれが止まらなくなりました。これもホルモンバランスが崩れたせいと言われまして、しかし投薬をするわけでもなく経過観察となりました。ホルモン剤を投与しなかったのは、この時の先生によると私は日本とアメリカ両方の血がかよっているため、ホルモン剤による血栓のリスクがあるからとのことでした。
思えば、この時から子宮内膜増殖症の症状が現われていたのだと思います。あまりにも生理が続くので、一度だけ全身麻酔での掻爬を行ないました。
また、ここの病院では右側の卵巣が少し肥大しているとも言われました。

それからは不便ながらも長〜い生理をやり過ごしてまいりました。時には生理が普通に戻る時もあったのですが、また長期戦に戻ったり…
昨年あたりからは、長期戦に加えて量が非常に多くなり、出かける事もままならなくなりました。
病院を変え、診察してもらったところ、ここで初めて子宮内膜増殖症との診断を受けました。体ガンの検査は異常なしでした。
ホルモンバランスは更年期の典型で、エストロゲンが多く、黄体ホルモンが少ないとのことでした。
卵巣の肥大については、数年前とさほど変わっていない様子でした。
ここでも経過観察で、一時的に止血剤をもらったのみでした。その後の生理で2度だけ、寝込むほどの生理痛がありましたが、ロキソニンを処方されただけでした。

最近は、また改善が見られたかと思うと、大量出血、長期戦のくり返しです。

また気になるのは、わずかに生理でない期間に夫婦生活を試みるのですが、子宮に当たると痛みがあり、その後は(直後、あるいは数日後)必ず微量の出血→生理を引き起すパターンになっています。
これは、更年期ではよくあることなのでしょうか?それとも増殖症のせいなのでしょうか?
また、閉経すれば出血はなくなるのか、それとも増殖症である限り閉経しても出血は続くのでしょうか?
セックスに関する問題は自分だけのことではないので、どうにかならないものかと悩んでいます。

現在も大量出血中で、2週間を越えています。前回の生理が終わってから1週間ほどで、また生理が始まってしまいました。
今は痛みもありませんし、今までも貧血の症状はありません。これだけ出血して、よく貧血にならないものだとは思いますが…
前回の検査から、半年は経っていると思います。また検査をした方がよいでしょうか?
また東京や川崎でお薦めの病院があれば、教えてはいただけないでしょうか。

支離滅裂な文章になってしまい、また質問ばかりで申し訳ありません。
何らかのアドバイスがいただければと思い、投稿してみた次第です。宜しくお願いいたします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
ハーフであることはその出血と関係ありません。その子宮内膜増殖症に異形成があるかどうかでその治療方針は多少変わってきますが子宮内膜増殖症の治療とし てはプロゲステロンを毎日,三ヶ月から六ヶ月飲んでその後内膜の検査をしてください。子宮内膜増殖症は子宮体癌の前癌状態ですから,もし,子宮内膜増殖症がつずいているあるようなら子宮全摘をお勧めします。
子宮内膜増殖症がある限り閉経しても出血はつずきます。
虎ノ門病院の産婦人科をお勧めします。
http://www.toranomon.gr.jp/departments/c_other/obstetrics_gynecology/
質問者: 返答済み 4 年 前.

Dr. GATO先生、


回答ありがとうございました。また、返信が遅くなり、申し訳ございません。


私の長々とした文章に対し、質問だけに簡潔にご回答いただき、良い意味で、非常にさっぱりとした方との印象を受けました。


 


さて、ハーフ云々については、出血に対してのことではなく、こういう事です:


あるお医者さまから、私の場合ホルモン剤を投与した場合、血栓を引き起す危険性が高い、それはアメリカと日本の混血だから、ということを聞いた事があるのです。


これは、事実なのでしょうか。


 


閉経しても出血は続くのですね。やはり、経過観察などではなく、積極的治療が必要な段階なのですね。


 


大量出血が繰り返されている今、やはり出血中に診察を受けた方がよろしいのでしょうか。


お勧めのように、虎ノ門病院で診察を受けてみようと思いますが、よろしければ虎ノ門病院を勧める理由を教えていただけます


でしょうか?

専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
血栓はエストロゲンのよって起こる可能性があります。しかし、プロゲステロンによってではありません。
出血中に診察を受けた方が良いです。
虎ノ門病院は私の同僚が研修した病院で東大系列の病院です。その部長は産婦人科では有名な医師で確かな診療を受けることが出来ると思います。それが虎ノ門病院を勧める理由です。
Dr_GATOをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問