JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 産婦人科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

子宮脱で子宮摘出手術をする予定です 卵巣もとることにしました 56歳の主婦ですが、選んだ治療法が良いのか迷っていま

解決済みの質問:

子宮脱で子宮摘出手術をする予定です
卵巣もとることにしました 56歳の主婦ですが、選んだ治療法が良いのか迷っています
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.

はじめまして。
私でよろしかったらお力になりますよ。

確かに同じ女性として、あなたのお気持ちは痛いほどよくわかります。
卵巣を残すべきが潔く取り除くか。。。
私だったらどうするかということで親身になってご相談にのらせていただきますね。

実は最近のことなのですが、60万人の女性を対象にした子宮摘出手術 に関するリサーチで、今までに言われていたように、卵巣をとってしまった場合、心臓疾患や骨粗鬆症や、脳卒中のリスクが高くなるということがくつがえされて、リスクは変わらないという結果が出たそうです。
以前行われたリサーチ結果がくつがえされたというのは興味深いですよね。
この近年行われたリサーチはサンプル数が大きいですし、信頼のおけるものだそうですよ。

さて、いったいどう考えたらいいのかということになるのですが、現在の推薦としましては、閉経後の女性の場合、卵巣がんの家族歴がある場合は卵巣を取り除いたほうがいいとしています。
しかし、50歳未満の方でしたら、卵巣を残すことを推薦します。
あなたの場合は、卵巣がんの心配をしなくていいかどうか、に関してあなたの判断が委ねられると思います。
結論としましてはあなたのとられた治療法はいいと思いますよ。
docmmartをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問