JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4088
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

女性の更年期障害は、様々な精神症状が出ると聞きました。 妄想障害みたいな症状もありますか? 自分の姉が妄想障害な

解決済みの質問:

女性の更年期障害は、様々な精神症状が出ると聞きました。
妄想障害みたいな症状もありますか?
自分の姉が妄想障害なのか、更年期障害なのか
わかりません。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を賜った場合には、より有意義に相談を進めていただくために、私はオプトアウトさせていただきます】


こんばんは。猫山です。

前回のご質問でもお答えしましたが、お姉さまの場合、月経周期に呼応して精神症状の悪化が見られるとのことですから、ありうるとしたら更年期障害ではなく月経前不快気分障害(PMDD)の方が当てはまりうるでしょう。

しかしPMDDで妄想性障害と鑑別が困難な精神病症状が出ることはまずありません。
http://www.mentalclinic.com/womens_utsu/pmdd.html

更年期障害にしても同じです。
http://www.jsog.or.jp/PDF/58/5809-377.pdf

診断を迷われる必要性は希薄だと考えます。
偏った考え方の婦人科医の対応に左右されてお姉さまの一生を棒に振らせないためには、精神科受診が必要だと思いますよ。
その婦人科医がお姉さまの治療を100%請け合うというのであれば話は別ですが。

くどいようですが、お姉さまが「妄想障害なのか、更年期障害なのか」迷われる必要は全くありません。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 4 年 前.

「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使いまして、どうも、すみません。


産婦人科の専門医の先生の見解を聞きたかったので、再度、質問いたしました。

セカンドオピニオンということも考えましたもので。

 

 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
了解しました。それではオプトアウトいたしますが、セカンドオピニオンの結果いかんでは私の回答に記載してある内容をご検討ください。
猫山司, メディカルアドバイザー
満足したユーザー: 14356
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
回答を試みます。
更年期には精神的に鬱病、不安症, パニックアタック、癇症が普通、起きます。鬱病に妄想を伴う場合も有ります。鬱病は神経間隙のセロトニンの不足に関係し、精神分裂病は神経間隙のドーパミンの不足に関係しています。更年期の治療に低容量の抗うつ剤が使われます。抗うつ剤は神経間隙にセロトニンの量を増やすもの、ドーパミンの量をふやすものが用いられます。更年期精神病という言葉も有ります。
Dr_GATO, 医師、医学博士
満足したユーザー: 4088
経験: 1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
Dr_GATOをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問