JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr_GATOに今すぐ質問する
Dr_GATO
Dr_GATO, 医師、医学博士
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4033
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
70092855
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr_GATOがオンラインで質問受付中

子宮頸癌のpre cancer(前がん)と診断されました。現在アメリカに在住していますが、担当の婦人科医は前がんが見

質問者の質問

子宮頸癌のpre cancer(前がん)と診断されました。現在アメリカに在住していますが、担当の婦人科医は前がんが見つか った箇所(子宮頚管)を切除することを勧めていますが、切除により今後の妊娠、出産へどんな影響が出るのかが心配です。担当の婦人科医によると、早産になることと、妊娠がしずらくなるケースもあるということを聞いていますが、妊娠を望む場合切除以外の措置は考えられるのでしょうか?また、どれくらい迅速に治療を検討したほうがよいのでしょうか?
レポートは英語ですがコピーをもらい、手元にあります。アメリカではこういった状態では部分切除が一般的なようですが、日本なら他に選択肢があるのかどうかをお伺いできればと思います。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr_GATO 返答済み 4 年 前.
残念ながら子宮頚管のハイグレードな異常が認められた場合、隠れている浸潤癌を除外するため円錐切除術をお勧めします。他にレーザー療法、凍結療法が有ります。それらは円錐切除術と比べて、不妊、早産、帝王切開、低出生体重児などのリスクは少ないですが隠れている浸潤癌を見逃す可能性、より再発の可能性が有ります。円錐切除術を受けた場合、担当の婦人科医の言われたように不妊、早産、帝王切開、低出生体重児などのリスクが増えます。

産婦人科・婦人科 についての関連する質問