JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

rico734に今すぐ質問する

rico734
rico734, 看護師
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 57
経験:  国立大学医学部卒業
69386845
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
rico734がオンラインで質問受付中

現在64才の母の事で相談です。 2010年7月に子宮脱(診断名 子宮脱1度+膀胱脱)で子宮を全摘しました。(術式:

質問者の質問

現在64才の母の事で相談です。
2010年7月に子宮脱(診断名 子宮脱1度+膀胱脱)で子宮を全摘しました。(術式:膣式子宮全摘術及 ぶ前後膣壁形成術)
退院後辺りから、膣の入り口が締め付けられる、膣の入り口辺りの違和感をずっと訴え続け、様子を見てきました。(その間、産婦人科も3件かえて受診するが、原因不明)
術後1年過ぎても症状は悪くなる一方で、立つと、膣の辺りが締め付けられる感覚、膣の入り口が「ぐじゅ ぐじゅ した違和感」がひどくなる。そのまま立位を続けると痛みが股関節(両方、特に右が痛い)
に来て、更にひどくなると、膝の辺りにまで、しびれが来ます。座る、横になると症状は落ち着く。
座位だと、全く痛みは来ない。
整形外科も通う。腰などMRIを2回とるが原因不明。

今年6月手術から2年!
立って10分もすれば痛みがひどく、日常生活にも支障。家事は座ってならできる。立つと常に膣に違和感あり。
買い物、家事、ゴミ捨ても難しい。

6/29 手術した病院に行き、説明するが内診では異常なし、原因不明で緩和ケアにまわされる。
どの先生も「こんな人は初めてだ」「年をとると、全部が下に下がるから仕方ない」と言われます。
7月より神経ブロックを勧められ、3回試しましたが、前よりは痛くない気がする程度。症状はかわらず。
飲み薬も何度か、変更しましたが、痛み止めを飲んだ時のみ症状が治まるだけです。」
下肢筋力が低下しているのもあるかと、6月から週2回程度、1〜2時間、プールで歩いている。(水の中では痛みはないようです)  

質問
大きな病院に何件か行ってみようと思うのですが
産婦人科なのか?
整形外科なのか?
まず、どこへ行き相談したらいいのか?
MRIは腰のみなので、頭から足まで診てもらった方がいいのか?その質用があるのか?
 
薬、病院、運動、何をしても、一向に良い方向にならず、母の精神面も心配になってきています。
少しでも、いい方向に向かう、アドバイスをいただけたら、ありがたいです。よろしくお願いします。

薬 イイロトロピン 1日2回
  リリカカプセル 1日2回
  エペリナール  1日3回
  モーズン    1回1錠  を もらっています。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  rico734 返答済み 4 年 前.

こんばんは。大変ですね。ご質問文を拝見していて、思い当ることがあり、

おそらく○○ではないか、、と感じているのですが

私の思う状況で間違いないかを確認させていただくために、下記について

お答えいただけますでしょうか?

1)仰向けになって寝ることと、横向きになって寝るのとどちらを好まれますか?

どちらかといえば楽、な方向があると思いますがそれを教えていただけますか?

2)過去に結核のご経験はありませんね?

3)腸炎等を指摘されたり、お腹をくだされたりしていませんね?

以上、よろしくお願いいたします。

質問者: 返答済み 4 年 前.

早々にありがとうございます。


 


1)どちらかと言えば、夜に寝る時は仰向けが多いが、「横になると全く、違和感、痛みはない」ようです。仰向け、横向きで違いはなし。


 


 


2)結核の経験なし


3)ありません

専門家:  rico734 返答済み 4 年 前.

やはりそうですか。
もう少し詳しくお伺いしたいのですが、まずはご質問の内容に先にお答え致します。

ご質問は、次の通りでした。

①産婦人科なのか?整形外科なのか?
②まず、どこへ行き相談したらいいのか?
③MRIは腰のみなので、頭から足まで診てもらった方がいいのか?その必要があるのか?

 

お答えでは、少し順番が前後いたしますことをお許し下さい。

ーーーーーーーーーーーーーー

①まず、ご質問文の『水の中では痛みはないようです』これはとても貴重な情報でした。

ご存じのように、水の中では、浮力が働きますから、各関節にかかる荷重が

実際の体重よりも減ります。

つまり、関節の荷重が減る「水の中で痛みがない」というのは、その「痛みは関節からきている」ということです。

ですので、痛みそのものは、婦人科的問題ではなく、整形外科的問題と考えてほぼ間違いないと思います。

「ほぼ」と申しますのは、どうやら色んな原因が複合的に絡んでいる可能性があるからです。いくつかの整形外科的問題は実際にあるようですが、それらに対する検査・治療はすでに受けられているようです。(MRI,ブロック等)しかしそれらが効果的でなかった点から、他の原因の可能性も消しておく必要があります。他の原因、はこの場合、婦人科的問題ではなく、内科的問題です。

 

③身体の痛みの原因を探す時には、基本的に、神経の支配領域というのを考えます。

お母様の場合は、上半身に症状が現れていません。これは上半身をつかさどる神経の問題ではないことを意味します。

つまり、痛む部分よりも上(頭から胸まで)の問題ではありませんし、よって、その部分のMRIは撮る必要もありません。

 

②ご質問の状況については、まずは、整形外科の専門医を受診されるべきでしょう。

下記に専門医のリストを示します。すでに受診された先生は、下記リストに含まれていますでしょうか?

日本整形外科学会専門医リストhttp://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/index.asp

 

しかし、MRI、ブロックなどはすでにすまされています。

 

ここでもう一つ確認させて頂きたいのですが、お体(体幹)をそらせた時に痛みは増強しますか?(決して無理にそらせないで下さい。無理のない範囲で行い、痛みが出そうな感じさえ確認できれば即座に中止し、それ以降体をそらせないようにして下さい)身体をそらせて痛みがなければ、別のご提案がありますので、折り返しご返信をお願いいたします。

 

以上、極力わかりやすい言葉でのご返信をこころがけましたが、

どうしても難しい言葉が含まれてしまいます。

分かりにくい点、不明な点、もっと詳しくお知りになりたい点などがあれば

遠慮なく返信機能を利用して、ご返信ください。

(その場合は回答の評価はされないでくださいね)



質問者: 返答済み 4 年 前.

受診した整形外科は専門医リストに入っていました。


 


体幹をそらせた時、痛みは少し、増えるようです。

専門家:  rico734 返答済み 4 年 前.

そうですか。。。
しかし今、ご質問文を最初から読み返してみて、やはり、整形外科的な問題という印象が
しています。
というのは、内科的問題からきている同症状ならば、座ったり、横にならずとも、立ち止まるだけで症状が回復する場合が多いからです。お母様の場合は、立っていると症状が悪化していくので、少し違うと思うのです。
希望する詳細度「高」とのことですので、整形外科であろうと考える根拠を
ほかにもいくつかお示ししようと思います。
極力わかり易い説明を差し上げるよう努力いたしますが、しかし専門用語を多様することになりますことをご了承ください。

まず、痛み方、についてです。
>そのまま立位を続けると痛みが股関節(両方、特に右が痛い)に来て、更にひどくなると、膝の辺りにまで、しびれが来ます。座る、横になると症状は落ち着く。
この下肢の痛み方は、坐骨神経痛と呼ばれます。
http://allabout.co.jp/gm/gc/301997/
http://www.shinshin.info/symptom/zakotsushinkeitsu.htm
この坐骨神経痛を引き起こす原因はいろいろあるのですが、

①腰椎間板ヘルニア、腰椎分離すべり症
②腰部脊柱管狭窄症
③梨状筋の収縮・緊張によるもの
④それ以外の原因不明なもの

ご質問のケースではすでにMRIをとっていますので、①②ではなかったと思われます。
しかし②の腰部脊柱管狭窄症では陰部の違和感を訴えられる方がいますので、MRIにはっきりと映らない②なのかなという印象もします。この診断には専門医の判断が必要です。

③の梨状筋というのは、尾てい骨にある三角形の「仙骨」という骨と、大腿骨の付け根の大転子と呼ばれる部分をつないでいる筋肉です。下の画像のピンクの部分です。http://www.google.co.jp/imgres?imgurl=http://seitailabo.com/image/painfig/Rijokin.jpg&imgrefurl=http://seitailabo.com/ chapter1/pain/pain215.html&h=451&w=500&sz=93&tbnid=Xer_dcGEsYzTlM:&tbnh=90&tbnw=100&prev=/search%3Fq%3D%25E6%25A2%25A8%25E7%258A%25B6%25E7%25AD%258B%26tbm%3Disch%2 6tbo%3Du&zoom=1&q=%E6%A2%A8%E7%8A%B6%E7%AD%8B&usg=__13zTxhZkwpwgbk5AyacZ6w5lRsA=&docid=FD-5bD9raH_7RM&hl=ja&sa=X&ei=zJNWUM-4J66fmQXD1IDwDw&ved=0CCsQ9QEwAA&dur=1498
上記URLのさらに少し下部の方をみていただけると分かりやすい画像が載っていますが、
坐骨神経は、この梨状筋という筋肉と一緒に、骨盤の穴から足へ向けて走っています。
この筋肉が弛緩している時には坐骨神経痛の症状はないのですが、立位等でこの筋が疲れるなど何らかの状況で収縮して太くなると、同じ穴を通っている神経が圧迫されて坐骨神経痛を発生するという機序です。
このタイプの坐骨神経痛を、梨状筋症候群といいます。
梨状筋そのものは手術などの外傷により、弱ってしまい、その結果、坐骨神経痛を引き起こす場合があることが知られています。
お母様の場合も退院後あたりから、痛みが出現ということです、
しかし梨状筋症候群だったとすると、通常は「座った時には悪化」するのです。
この点がお母様の状況とは異なります。

ですので③それ以外の原因不明なもの、となってしまうのです。
③のその他の原因として代表的なものに、仙腸関節という関節のトラブルがあります。
さきほどご説明差し上げた、仙骨という骨と、その外側にある腸骨という骨との関節です。この関節は、よくご存じの種々の関節ほど自由には動きません。半分は靭帯でかなりしっかりと固定されています。しかし完全にガチガチな訳でもありません。ですので正確には「半関節」となります。
仙腸関節http://sentyo-kansetsu.com/sentyo.html
この関節が何等かの原因で、動きが悪くなってしまうと、やはり坐骨神経痛を引き起こすことが知られています。
最初にご質問文を拝見した時には、この仙腸関節の問題が含まれているのではないかと思いました。
この関節が痛む場合、仰向けで寝るよりも、横になって寝る方がずっと楽です。
ご返信では、
>横になるとまったく違和感、痛みがないとのことでした。
つまり、この関節のトラブルが含まれているだろうという予測は、ある意味では正解だったことになります。
しかし、この関節そのもののトラブルのみが主となっている場合、ブロック注射がもっと有効なはずなのです。
ブロック注射で「前よりは痛くない程度」ということですから、”効果がないわけではないものの決定打とはならない”、つまり、ここが主原因ではないということです。
つまり原因の一つではあるものの、主たる原因は別であると考えられます。

ここで、妊娠をご経験されている女性の場合、出産時に腹部周囲の筋肉全体が大きく緩み、しかし出産後十分に戻らない方がいます。そのような筋肉の緩みが原因で、腹腔内臓器が重力によって徐々に下方向へ落ち込み、落ち込んだ結果、坐骨神経を圧迫して引き起こされるタイプの坐骨神経痛があります。
お母様の場合は、痛み方、痛み始めた契機、などを総合して考えると、このタイプの腰痛の可能性があります。これは、残念ですが、これまでの先生方のおっしゃられた言い方を、もう少し詳しくしただけで本質は同じです。
このタイプの痛み方だった場合は、トコチャンベルトに代表される、仙腸関節固定用の腰痛ベルトが非常に有効です。しかしこのベルトは諸刃の剣で、筋肉の弱さを補強してくれるおかげで「腰痛そのものは緩和」するものの、「腰痛解消に必要な筋力を低下」させてしまうため、最終的にはベルトに頼らず、腰部周囲の筋肉を引き締めるリハビリをしっかり行っていただかなくてはなりません。(このままさらに筋力が低下すると、次には仰向けではとても眠れない程に痛みが増していくと思います)

・・・・・・・・・・ずいぶんと難しい言葉がたくさん並んでしまいました。
しかし整形外科領域であろうと考える根拠は、ご理解いただけましたでしょうか??

ですので、まずは整形外科のセカンドオピニオンを頂くことが大切かと思います。

特に、②の腰部脊柱管狭窄症はその狭窄が見逃される例も時にあります。

しかし、確実に②ではないとどの先生の目から見ても言われるのでしたら、

運動療法が必要です。しかしこの状態に対する運動療法は保険適応ではしてくれませんので、自助努力が必要となります。

ここまでの回答に分かりにくい点、不明な点などあれば、引き続き返信機能を利用してお返事ください。
もしここまでの回答のみでご理解・ご納得いただけるのでしたら、必要な運動についても少しご紹介差し上げたいので、まずはお返事をお待ちしております。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。


よくわかりました。


 


違う、整形外科で相談してみたいと思います。


 


必要な運動紹介 宜しくお願いします。


 


 


 


 

専門家:  rico734 返答済み 4 年 前.
承知致しました。ただいま出先ですので、戻り次第お返事を差し上げますね。
少し遅くなるかもしれませんが、ご了承ください。
専門家:  rico734 返答済み 4 年 前.

お待たせいたしました。

体操をお伝えする前に、一点ご留意いただきたいことがあります。

それは、②腰部脊柱管狭窄症ではない、ということを確認してください。

先にも申し上げましたが、この状態は整形外科学会認定医にても見逃されることが時々ある病態です。

もしこの病態であったとすると、体操をすることがかえって悪化を招きかねません。

下記に、日本整形外科学会の、認定脊椎脊髄病医のリストを添付します。

http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html

脊椎脊髄病医は脊椎脊髄疾患、すなわち腰痛や歩行障害などを症状とする病気について研鑽を積み、数多く診療し、十分な知識を持つ医師です。整形外科専門医試験に合格して「整形外科専門医」の資格を取得した上で、さらに脊椎脊髄病医としての研修を受けています。(学会HPより抜粋)

歩行障害に対する専門医中の専門医ですから、こちらの先生にても同様のお返事があれば、これまでの先生の見立ても間違いないとご納得いただけることでしょう。

仮に、現主治医の先生がこのリストに含まれていても、セカンドオピニオンは受けられて下さいね。弘法にも筆の誤りと申しますから・・・。

もし②ではなかったとしたら、おすすめしたい体操、言葉ではちょっと説明が難しいので、

今どこかに映像資料がないか少し探しています。

(もっと簡単に見つかるかと思いきや、すみません・・・意外に無料ファイルを見つけるのが困難でした)もう少しお時間を下さいね。

とにかくまずは、専門の先生の受診を優先されて下さいね。

質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


いろいろな説明に納得のいく回答でした。


 


体操映像、難しいようでしたら大丈夫ですよ。


新たな整形外科の意見を聞いて、また考えたいと思います。


 


回答評価をしたつもりですが、途中で接続トラブルになってしまい、評価できているか不安です。評価できているか、そちらで分かるようでしたら教えて下さい。

専門家:  rico734 返答済み 4 年 前.

なかなか思うものが見つからず、本当にすみません(><)

かなりざっくりとした動画は見つかったのですが、かなり分かりにくかったり、

「坐骨神経痛」をうたっている動画でも、腰痛の悪化を引き起こしかねないものが

混ざっていて、ちょっとご紹介するには不適切で四苦八苦していました。

回答の評価はまだ反映されていないようですが、お伝えしたかったことが

伝わるか試みさせてくださいね。

運動では

①梨状筋

②腸腰筋

という2つの筋肉のストレッチが大切です。

筋力を無理につけようとしなくても、柔軟性が増すだけでも少し違います。

(もちろん、無理なく行えるのでしたら、筋力がつくといいのですが)

 

運動の方法、言葉でうまく説明できるかわからないのですが、

仰向けになって、両足を、足の付け根・膝と踵をそれぞれ90度の角度に挙上し

そのまま片足の太ももを体の外側に、踵を体の中心線より内側において

引き寄せる動きをします。

この時に、下肢に力がはいってはいけません。

お腹の奥の方の筋肉だけを使います。

・・・・・・・・・・・やっぱり、言葉ではちょっと伝わらない気がするので、

ではまた見つかればこちらのスレッドに書き込みさせていただきますね^^

これはピラティスと言って、イギリスでは負傷者のリハビリに使われている

運動の中の一つの動きです。

日本ではあまり一般的ではなく、保険適応でもありませんが、しかし有効であることがだんだん知られてきています。

もしお近くに実際に負傷されている方向けのピラティスをされているところがあれば

そう言ったところで指導を受けられるとより効果的だと思います。

(深部筋肉の使い方は、特に初期は、指導を受けなくてはなかなかわかりませんので・・)

本当にどうぞお大事になさってくださいね。

 

*仙腸関節のストレッチもありますので、念のためお知らせしておきます。

(これは動画が見つかったのですが、膝を持ち上げて腰をひねる動きはもしかすると

余計に痛むかもしれません。痛みが増悪しそうなら、即中断し決して無理はなさらないでください)

http://www.youtube.com/watch?v=TK-klYjSwjs

rico734, 看護師
満足したユーザー: 57
経験: 国立大学医学部卒業
rico734をはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。


 


勉強になりました。諦めず、まずは行動!!って事で、頑張ってみます。

専門家:  rico734 返答済み 4 年 前.

プラス評価をいただきましてありがとうございました^^

頑張ってくださいね。

もし何か別の診断がつくようなことがあれば、ぜひ私にもお知らせ下さると幸いです。

気になっていますので・・

(別の質問が増えるのでなければ、このスレッドがそのまま使えると思います)

おかあさまのご平癒を心よりお祈りしております。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    615
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    615
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/khagihara/2009-6-26_175029_phpwG3deq_c2PM.jpg Dr-G さんのアバター

    Dr-G

    産婦人科医

    満足した利用者:

    50
    1987年: 山梨医科大学を卒業し、産婦人科に入局。1991年: 医学博士号を取得。現在、米国に留学中。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    308
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    313
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
 
 
 

産婦人科・婦人科 についての関連する質問