JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

普段は生理が5日で終わるのですが、今回いったん終わって3日ほどしてから微量の出血が続きます。現在で10日ほど続いてい

解決済みの質問:

普段は生理が5日で終わるのですが、今回いったん終わって3日ほどしてから微量の出血が続きます。現在で10日ほど続いていますが、産婦人科を受診するべきでしょうか?
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけ ますようよろしくお願いいたします】


こんにちは。猫山と申します。

子宮体癌検診を受けられたことはございますでしょうか?
受けていた場合、いつ受けられたでしょう?

経血の色は普段と変わりありませんか?
出産歴の有無を教えて下さい。

以上、ご確認させていただけますと幸いです。
※回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
質問者: 返答済み 5 年 前.

子宮体癌検診を受けられたことはございますでしょうか?
→昨年夏ごろに受けましたが、異常ありませんでした

経血の色は普段と変わりありませんか?


→赤黒い塊が時にあり、おりものはあまり混ざっていない印象です。


 普段のより、より血液成分が多いかんじです。



出産歴の有無を教えて下さい。
→出産歴はありません。


 


 

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

無排卵月経、子宮内膜症、子宮筋腫等の可能性が否定できませんし、貧血が続発するリスクもありますので、お早めに婦人科を受診された方がよろしいかと存じます。

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.

特に子宮体癌を考える必要はないでしょうか?

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
もちろん否定はできませんが、昨年検診を受けられていて異常なしであったのであれば、可能性としては低いと考えます。
ただし、子宮体がんの初期症状として過長月経が現れることがありますので、頭の隅には留めておくべき可能性でしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.
再投稿:回答の質.
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
私としては過不足の無い回答をしたつもりでしたが、「質問者の評価:より詳しい回答を期待した」というマイナス評価を賜ったようです。

評価だけでは何が不足であったかわからず、追加で提供すべき情報もわかりませんのであらかじめ【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからない ままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答にご不明の点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよ ろしくお願いいたします】という注釈も入れていたのですが……

よろしければ、どういった回答をご希望なのか教えていただけないでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

インターネットで検索可能な答えを期待していたわけではなく、専門の先生から教えていただきかったのです。今回の出血で貧血はまずないと思いますし、一年前の検診で問題なかったら大丈夫というのもいかがでしょうか。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
子宮体がんの可能性を全く否定してはいません。
「がん」という病名を出すと、それはそれで「診察もしていないのにがんと言われて不安になった」というクレームをいただくこともあるのです。

出血量に関しては情報をいただいていませんでしたので、「貧血が続発するリスクもあります」という表現にとどめました。

このサイトでは患者様を直接診察できず、専門家は文字情報のやり取りに よってしか回答の材料を得られません。また、色々なユーザー様がおられますので、回答の量やその示しかたの選択は時に困難です。
こうした、インターネット相談の限界をご理解いただければと思います。

私はオプトアウト致しますので、他の専門家とご相談を続けられてみてください。
本当はその前に婦人科受診をされることをお勧めしますが。