JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 産婦人科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

昨年4月に母が子宮上皮内癌でオペをして、その際子宮と卵巣を全摘致しました。その後定期的に健診をしておりますが、今回の

解決済みの質問:

昨年4月に母が 子宮上皮内癌でオペをして、その際子宮と卵巣を全摘致しました。その後定期的に健診をしておりますが、今回の検診にて膣の病理検査にて今まで「Ⅲa」だった結果が「Ⅲb」と出ましたので、その異型細胞を円錐除去しレーザーで焼いてしまうオペをすることとなりました。医師に確認致しましたところ、「癌」では無いということでした。しかし、オペをしたとしても「ウイルス」までは除去できず、膣内に残るのでそのことは了承して下さい…と医師から説明を受けました。また、膀胱を傷つけずにしなければならないので、最新の注意が必要である・・・ともおっしゃっておりました。この「ウイルス」とはどういうことでしょうか?今後最悪「膣癌」という事が頭をよぎりました。オペ後今まで通り定期的に検診をして、その都度医師と相談して対処していけば、特に心配する必要はないのでしょうか?母も高齢ですので、体力的に少し心配です。
専門家の見解を頂きたく、宜しくお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

たいへんご心配ですね。
ウィルスとは、HPVウィルス=ヒト乳頭腫ウィルス=ヒトパピローマウィルスのことです。

http://indivi.net/faq/hpv.html

このサイトに詳しく説明されていますのでご覧下さいね。

オペに関しましては比較的患者さんには負担の少ないタイプのオペですのでご高齢ですがあまり心配は要らないのではないでしょうか。
主治医にお任せになることが一番いいと思いますよ。

ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能をお使いの上質問を書き入れて下さいね。

質問者: 返答済み 4 年 前.

  先程は早速ご回答頂き、有難うございました。
さらにお尋ねいたします。


10月にオペをして膣内に「ウイルス」が存在していても、定期的に検診をしていけば、特に心配することは無いと思っていてよろしいのでしょうか?


 


先程の回答を拝見する限り、取り越し苦労でしょうか?やはり「ウイルス」が残りってしまうとなると心配です。


 


ご回答を頂ければ幸いです。


 


 

専門家:  docmmart 返答済み 4 年 前.
ウィルスを持っている人は多いです。
実に多いですからお母様だけではないですよ。
ただウィルスでもガンを起こすタイプは限られていますし、お母様がその特定のウィルスのタイプを保持されているかはわかりませんよね。
ふつうはそこまで詳しく調べませんので。

でもおっしゃるように定期健診が鍵をにぎるでしょう。
あまり心配されませんように。

最近はワクチンができてきて若い子は受けられます。
私たちが若いころにできていればよかったのに、と思います。

とてもいい娘さんをお持ちでお母様はお幸せですね。
お大事になさってくださいね。

docmmartをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問