JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 産婦人科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

今年に入ってたまに不正出血があり、5月末あたりから量がとても増えたので、婦人科を受診したところ、エコーでは子宮も卵巣

解決済みの質問:

今年に入ってたまに不正出血があり、5月末あたりから量がとても増えたので、婦人科を受診したところ、エコーでは子宮も卵巣も綺麗で、10月に子宮ガン検診で異常がなく、ただ卵巣から出血しているからといわれて止血の薬を渡され飲んでいましたが、薬を飲み終えるとまた止血が 始まるため違う病院でみてもらいました。その時はびらん、あとはガンが疑わしいと言われ細胞診の検査をしました。今日その結果が出てガンではないということでしたが、先生はガンだと思っていたようで再度組織診をすると言われ三カ所から組織をとりました。肉眼で確認するとやっぱり異常が診られる、ガンの場合全摘になるとも言われました。すごくショックを受けています。毎年の検査や最初の診断、細胞診ではガンはないそれなのに、全摘と言われるほど、ガンが進行しているとは、どうしても信じられません。全摘と言われるほど進行しているなら、なぜ細胞診ではでないのでしょうか?毎年の検査が無意味に思えてしまいます。ガン家系でもなく、痩せ形です。出血が続くのは何かしらあるとは思います。ガン以外は考えられないのでしょうか。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろしかったらお力になりますよ。

なんかずいぶんあなたの主治医はあなたをガンに仕立て上げたいようなそんな印象を受けます。

それで不正出血はどのような感じなのでしょう。
5月以来ずっと出血しているとか、量はふつうの月経よりは少ないのか多いのかなどなど。
よろしくお願いいたします。
質問者: 返答済み 5 年 前.
最初はおりものが、増えたのかなという感じでした。そのうち少しずつ出血が増えてきて、性交渉の時もシーツを汚してしまうほどの量になってきて、生理の日と変わらない量の時もありました。今はごく少量のときもあれば、出血がない日、生理がきたかな?という量のときもあります。今日はほとんど出血していません。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お返事ありがとうございます。

このような生理以外の出血ですが実はたくさんありますよ。

一番の原因は機能不全性不正子宮出血(DUB)で、器質性のものではなく(ガンなどではなく)むしろ内分泌異常による子宮出血のことです。
この出血はプロゲステロンとエストロゲンのバランスが崩れた時に起こります。
ただしDUBは、除外診断で外傷、腫瘍、その他の疾患のために起こる出血ではないことが証明された時につけられる診断です。

DUBの原因ですが、無排卵に関連していることが一番多いです。

検査としてはあなたが受けられたような検査に加えて甲状腺の機能検査や血小板の数や貧血の有無、そして凝固に関するパラメターの検査(PTやPTTなど)も行うべきでしょうね。

それらがすべて正常であれば経口ピルを用いることによってホルモンのバランスを取り戻します。
検査の段階で異常が見つかればその原因を治療することを行います。

以上がお答えなのですが、ご質問がございましたらこの回答の評価をされる前に返信機能を使われて質問を書かれてくださいね。
質問者: 返答済み 5 年 前.
細胞診での結果が今回ガンではなかったということは組織診でガンとでる確率としとはどのくらいなんでしょうか。まだ子供がいないので、全摘と言われたことにとてもショックを受けています。なぜ主治医はそこまでガンにこだわるのでしょうか。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
最初に申し上げましたように、この主治医はあなたをどうしてもガンに仕立て上げたいのではないか?と思いますよ。
細胞診でガンではないのですし、だいじょうぶだと思います。

セカンドオピニオンをとられてもいいと思いますよ。
このまま沈んでいるよりずっといいと思います。

docmmartをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問