JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 産婦人科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

13週5日を迎えたこの度「胎児水腫 」と診断され、市立病院の紹介を受け診察を行いました。心臓は普通に動いており、手足

解決済みの質問:

13週5日を迎えたこの度「胎児水腫 」と診断され、市立病院の紹介を受け診察を行いました。心臓は普通に動いており、手足も普通の動きと認められましたが、水腫は脳、内臓には見受けられず、皮下にできていました。今後、羊水検査、染色体の検査を行っていくとのこ とですが・・・・。胎児はどうなるのでしょうか?やはり心停止をして死産となるのでしょうか?水腫がなくなるということはあるのでしょうか?無事に出産しても障害が残るリスクはどれくらいでしょうか?いろいろな不安がかけめぐります。どうぞご教示ください。ちなみに、主治医の先生はこちらから言わないと話していただけない一方通行な診察です。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。

私でよろし かったらお力になりますよ。

大変ですね。
特に主治医とのコミュニケーションが一方通行なら。

それで今のところ何が原因であるかも全然わかっていないんですよね。
免疫性、非免疫性の二つに原因は大きく分かれますが生存率も低いですし、原因がわからないなら治療もできないし、原因がわかっても染色体異常があれば治療はできないし、ほんとうにご心配だと思います。
いろいろな情報がまだない段階なので余計に不安でしょう。

ご質問になっていることに対するお答えは非常に厳しいものになりますが、かまいませんか。
また原因がはっきりしていませんから一般的なことしか申し上げられませんがそれでかまいませんか。
一応この二点を確認させて下さい。
一つ一つお答えしますよ。
質問者: 返答済み 5 年 前.

docmmart先生


お世話になります。非常に厳しいものなってもかまいません。
一般的なことでもかまいません。
ご教示下さい。よろしくお願いいたします。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
わかりました。
とても長いものになりますが少しずつお送りしますね。
少しお待ち下さい。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
それでは 、まずは自己紹介させて下さい。
私は救急で産婦人科関連の患者さんをたくさん診察します。
また過去に新生児ICUに勤務していた関係でこの胎児水腫のついても経験があります。

まずは胎児水腫を分類しますと大きく二つに分類されます。
一つ目は、
免疫性胎児水腫。

二つ目は、
非免疫性胎児水腫です。

このうち最初の免疫性は、あなたがRH陰性で赤ちゃんがRH陽性でなければ起こりませんので、そこはもうすでにチェック済みであると仮定しますので二つ目の非免疫性のものを中心にお話しします。
続きます。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
非免疫性胎児水腫にはいろいろな原因が 考えられます。

まずは、血液疾患で、それは全体の10-20%の原因を占めます。
次は梅毒、ヘルペス、サイトメガウィルス、そしてパルボウィルスなどの感染症によるケースが8%です。
遺伝性症候群が、10%:で、代謝性疾患が原因のこともあります。
あと腫瘍や、嚢胞性腺腫様奇形、横隔膜ヘルニア、奇形腫の場合が10%です。
一番多い原因で40%を占めるのは循環器関連の病気や心臓病です。
一番稀なのが母親の健康自体に問題がある時、胎盤やへその緒の問題だったりします。
こうやって原因を連ねてみても実は原因不明のケースが5-8%はあると言われていますね。

胎児水腫の例は1500-4000のお産に一人の割合です。

続きます。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
超音波で診断をしますが、胎児の心臓のエコー検査は必須ですね。
前にも申し上げましたように心臓や循環器関連の原因が大きい割合を占めていますから。

一般に早い時期に胎児水 腫が見つかりますと予後は悪いです。
あなたの場合は比較的早い時期に入りますので厳しいですね。

赤ちゃんが生まれてきたとします。
一般に母親の子宮の中の羊水が過剰になるためその圧力で赤ちゃんは肺をうまく動かせないため肺が未発達のまま生まれます。
また赤ん坊はとても腫れていて、お腹も腫れていてそにため肺を圧迫し呼吸困難を起こします。
また、血糖値が異常に低いことが多く、そのために痙攣を起こしたり、脳にダメージを与えることもあります。
普通は赤ちゃんへの負担を軽くするために帝王切開となります。

続きます。
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
母親の妊娠中の影響ですが、子癇前症にかかりやすく、ミラー症候群にかかることもあります。
ミラー症候群は妊娠中いつでもかかる可能性があると言われています。
これらの可能性は全ての非免疫性胎児水腫の妊娠例の50%にものぼるそうで、高血圧を呈します。
日本語のサイトがなかったのですが、こちらをご覧ください。

http://en.wikipedia.org/wiki/Mirror_syndrome

これに妊婦がかかりますと命に関わりますので、直ちにお産をします。
お産さえしてしまえば妊婦にかかる危険は全てなくなります。

あなたの場合はペリナトロジスト(専門分野が周産期医学の産科医)と、新生児科医、そして遺伝学者の三人のケアが必要になりますので、主治医にお願いして紹介してもらって下さい。

続きます。


専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
さて治療法ですが、 もし原因がわかってその原因が治療可能であるなら治療します。
ただし、サバイバルできもしないとわかっていて治療をすることはなく、サバイバルできる可能性がある場合に限って治療します。

原因がわからないなら対処治療します。
サポートをするのみになりますね。

貧血がひどい場合は経皮的臍帯血採取法をとり、輸血します。

約20%の例が出産にこぎつけますが、その約半分しかうまく育たないです。
実際の出産は新生児ICUの揃った高次の医療機関でしか出産はできませんね。
しかし、育った場合は元気なお子さんに成長すると言われています。

以上なのですが、いかがでしょう。
質問者: 返答済み 5 年 前.

docmmart先生


 


 ありがとうございます。認めたくないですが、全て事実であり現実なんですよね・・・。受け入れなければならないんですね・・・。


 最後にもう一つだけお願いします。セカンドオピニオンですが行った方がいいでしょうか?主治医の先生以外から詳しい話をもっと聴いたほうがいいのでしょうか?もっとも、これは私自身が決めることなのでしょうけど・・。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
セカンドオピニオンはいい考えですね。
私は賛成です。
docmmartをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問