JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

PMDDで悩んでいます。 子供にもいつも以上にきつく叱ってしまったり、主人にも物を投げつけるなど 怒りが止まらず

解決済みの質問:

PMDDで悩ん でいます。
子供にもいつも以上にきつく叱ってしまったり、主人にも物を投げつけるなど
怒りが止まらず、自分でもどうしようもありません。
また、体も怠く、服のサイズが変わるほど浮腫みます。
調子が良いのは2週間程度で、後はどこかに不調がありとてもつらいです。

最近ピルの存在をネット知りました。
飲んでみたいのですが、PMDDに適した種類を教えて下さい。
1~3相性ではどれか?1~3世代ではどれか?
現在海外に在住していて言葉もあまり通じないので、できればここで解決したいです。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
【「返信」「評価」「再投稿」「オプトアウト」
の使い分けがわからないままこれらの機能を使われてしまうユーザー様が少なくありません。回答に不明点がおありの場合は、まず「返信」機能でお問い合わせいただけますようよろしくお願いいたします】


おはようございます。猫山と申します。精神科医です。

まずピルですが、PMDDに対して配合比率の違う錠剤・カプセルを順次服用する必要性は低いですから、1相性ものが用いられます。
現時点では1相性第3世代のドロスピレノン(drospirenone)の評価が高く、海外ではPMDDの保険適応を有しています。

ただ、PMDDは複雑な病態ですので、抗うつ薬(主にSSRI)による治療や、生活スタイルの改善といった多角的な治療が必要になる場合があります。
婦人科と精神科の併診が必要になる場合も少なくありません。

海外ということで保険制度や処方の形式が日本とは異なるのかもしれませんが、リクエストが可能であるならば、まずドロスピレノン(drospirenone)の処方を受けられてみられることをお勧めいたします。

以上、ご参考になれば幸いです。

【参考サイト】
http://www.mayoclinic.com/health/pmdd/AN01372
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございます。


ピルを主体に質問しましたが、SSRIも良いなぁと思いました。幼児期から成人までをとても幸せといえるような育ち方をしていないので、もしかしたらセロトニン?が人より少ないのではという気がします。普段は保 っている平常状態が、排卵時と生理前には平常心がたもてなくなる感じです。頑張って堪えるのですが、月1で爆発してしまいます。SSRIは流石に個人輸入で購入して飲むのは危険ですよね?ピルを飲むにしても、やはり病院は欠かせないのですね?とにかく早くこの状態から抜け出さないと、海外での過酷な生活が保てなくなりそうで焦っています。そして、真剣に治療をしたいと思っています。


ピルは飲むとしたらいつまで飲めるのですか?


閉経が遅くなったりするのですか?


42歳なので、10年経てば閉経する辺りかと思いますが、どうなんでしょうか?教えて下さい。


それから、先生が教えて下さったピルは、太りにくいが静脈血栓塞栓症リスクは高いという記事を読みました。


40過ぎなので気になりますが、大丈夫でしょうか?


よろしくお願いします。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.

ご返信ありがとうございます。

 

ピルによる静脈血栓塞栓症リスクはこのクラスのお薬を用いた治療において常に念頭に置かれていなければならない副作用です。

 

SSRIにしても離脱症候群、セロトニン症候群といった、稀ではありますが重篤な副作用を起こすことがある医薬品です。

 

PMDDにこれらのお薬が有用であることは確認されていますが、これらはいずれも医療用医薬品であり、医師が必要と判断して処方し、作用・副作用ともにモニタリングしながら種類や用量の調整をすることを前提とした医療用医薬品です。

 

こうしたお薬でも個人輸入で購入が可能であることは存じておりますが、前回答で「婦人科と精神科の併診が必要になる場合も少なくありません」と述べましたように、この回答は相談者様が医療機関を受診されて診察を受けた上で、今回ご懸念の点についても説明を受け、同意して治療を受けられる前提で作成しているものです。

 

個人輸入代行業者が揃って「個人輸入する医薬品の効能、効果、用法、用量他の使用上の注意及び副作用を十分熟知された上で、自己の責任において慎重にご使用下さい」とサイトで謳っていますが、JustAnswerにおいても、処方箋無しで個人輸入で入手・使用することが明らかなお薬の有効性や安全性については教唆することはできません。

そのような助言は薬事法違反となりえるからです。

 

お薬は毒にもなりうるものです。

言葉の問題はおありでしょうが、ぜひ医療機関を受診されて、医師の診察のもとに処方・治療を受けられていただけますようお願い申し上げます。

猫山司をはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 4 年 前.

ありがとうございました。


お陰様で決心がつきました。


直ぐにでも医療機関へ掛かり、治療をしたいと思います。


 

専門家:  猫山司 返答済み 4 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。

産婦人科・婦人科 についての関連する質問