JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

こんにちは、2年くらい前に膀胱炎と診察で言われ抗生剤を飲んでいましたが症状が良くならず、医者を2件変え、結果膀胱炎で

解決済みの質問:

こんにちは、2年くらい前に膀胱炎と診察で言われ抗生剤を飲んでいましたが症状が良 くならず、医者を2件変え、結果膀胱炎ではなく生まれつきの膀胱の病気でした、そ病気は治療する様なものではないとの事でしたが約1年間の間、膀胱炎が治らないと言うことでずっと抗生剤を飲み続けていました。
現在の悩みは、何年も私はピルを服用しております、以前は体調も問題はありませんでしたが、ここ1年の間カンジタの繰り返しで、ネットなどで良いとされる、腸内環境を整える薬やヨーグルト、ハーブティーや、お風呂にティートゥリーオイルを入れて入浴したり努力してきました、ピルをもらいに医者に行く時、先生に相談しますが、症状があったら治すからおいでと言われて、なぜかと質問すると、ピルを飲んでいると言っても、避妊にはなるが性病よぼうにはならないと、もちろんパートナーも旦那一人ですし、最近は婦人科に行くのも嫌になってしまい、市販薬で治していました、最近ならなかったので、安心していたところ、またカンジタに、、旦那に痒いとかおかしいとかある?と聞くと何もないから俺は大丈夫と、もう、買い薬もバカにならないし、毎日、憂鬱で悩んでおります。
市販の男性用の検査キットを購入しようか男性用の薬を購入しようか海外の物なので迷っています、どうぞ宜しくお願い致します。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんばんは。猫山と申します。

少しわからないところがあるので確認させて下さい。

婦人科主治医の言う、「ピルを飲んでいると言っても、避妊にはなるが性病よぼうにはならない」というのは確かでしょう。

一方でその主治医は「症状があったら治すからおいで」とも言っているわけです。

であれば、症状がある今、その婦人科にかかるのがいちばん確実に治療を受けられるチャンスであると思われますが、なぜそうされないのでしょう?
質問者: 返答済み 5 年 前.

ありがとうございます。

ただ今、市販薬で治療中です。医者に行って治療してもまた、まもなくしてカンジタの症状が現れるので婦人科に頻繁に行きずらいのでつい、行かずに市販薬で治療してしまいます。

もちろん先生の言うとおり、症状が出たら治療すると言うのもちろんだと思いますが、治療してもキリがなく婦人科に通うのも精神的に疲れたため、原因を知ってカンジタにならない生活をしたいと思っているのですが、先生に説明しても、無防備なSEXをするからだとか言われてからは、コンドームをきちんと使用していましたが、同じでしたし、たいした病気ではないとは思いますが、先生がなったら来いだけで月一のカンジタに恐怖です。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
相談者様のカンジダ症は、性行為感染症ではないと思われます。

実は真菌の一種であるカンジダは、皮膚、直腸、膣などに常在しています。自己免疫力が正常に機能している健常者ではカンジダは繁殖することなく、カンジダ症は発症することもありません。
相談者様の場合、約1年間にも渡って抗生物質を使用し続けた(これは抗生物質の濫用にあたります)ことで、カンジダ以外の皮膚の常在菌が死滅してしまい(カンジダにはほとんどの抗生物質が効きません)、皮膚における細菌 vs 真菌の勢力バランスが崩れて、カンジダ優位の皮膚になってしまっているものと思われます。

こういった場合、かなり集中的な抗真菌治療が必要となります。
イミダゾール系抗真菌剤の腟錠、軟膏などを使用しながら、連日通院しての腟洗浄が必要となります。
「原因を知ってカンジタにならない生活をしたい」とのことですが、これが原因で、カンジダにならない生活をするためにはこのような集中的な治療を受けられて完全にカンジダを叩く必要があります。

婦人科主治医が相談者のカンジダ症を性行為感染症としか見做していないのであれば、完治を目指した治療を望むのは難しいでしょう。
性病ではありあめんが、性病科を標榜する泌尿器科を受診され、抗生物質の長期連用の既往を説明された上で治療を受けられることをお勧めいたします。

「治療してもキリがなく婦人科に通うのも精神的に疲れた」とのことですから、この私の回答にはご不満かもしれませんが、唯一の解決策ですので、スレッドを閉じるに当たってはその点をご高配下さい。

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.

詳しくありがとうございました。もう一つだけお願いできますか?

自分の為に今回は先生のアドバイス通りに行いたいと思います。が、私は今まで、抗生剤の長期服用でカンジタになり、知らないうちに旦那に移してしまい私が治しても繰り返されるのかなと心配です、旦那は何もいつもと変わりがない為、大丈夫だと思いますが先生の言われる通り性行為感染症でなければ私は前向きに完治に向け励みます。

長い質問にお答えいただきましてありがとうございました。

専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
おはようございます。

「相談者様のカンジダ症は、性行為感染症ではない」と申し上げたのは、相談者様がカンジダ症になったのが性行為による感染によってではないという意味です。

ご主人との性行為によって、相談者様のカンジダ症がご主人に感染する可能性はあります。
よって、相談者様が完治するまではコンドームを使用されることをお勧めいたします。でなければ「繰り返し」は起こりえます。

お快癒を祈念しております。
猫山司をはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問