JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

今日、軽い気持で鼻にヒアルロン酸を注入してしまいました。 ヒアルロン酸の中に麻酔が入っている物らしいです。 施術

解決済みの質問:

今日、軽い気持で鼻にヒアルロン酸を注入してしまいました。
ヒアルロン酸の中に麻酔が入っている物らしいです。
施術を終えてから、麻酔の事などすごく不安になってきました。
安易な気持でやってしまった事すごく後悔しています。
胎児に影響はありますか?
不安で仕方ないです。


産院に相談した方がいいのでしょうか?
不安で仕方ないです。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
こんにちは。猫山と申します。

現在妊娠何週目でしょうか?

ヒアルロン酸注入は美容整形外科で行うプチ整形の類でしょうか? その病院(クリニック)には妊娠中であることを告げましたか?

どういう施術だったのかをもう少し詳しく教えてください。そのクリニックがホームページを持っているのであればそのアドレスを教えてください。

化膿止めや痛み止めを処方されていたら名前を教えてください。それらは既に服用されたでしょうか。

以上、確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 5 年 前.
クリニックは品川美容外科です。
ヒアルロン酸の中に少量の麻酔をいれたそうです。
妊娠中という事は告げていません。
麻酔は1時間で切れると言われ、今はもうきいていません。
とても不安です。
妊娠21週です。
質問者: 返答済み 5 年 前.
すみません、言葉足らずでまたメールいたしました。
化膿止めや痛み止めは処方されていません。
鼻の付け根の部分麻酔で、プチ整形です。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
ご返信ありがとうございます。

結論から申し上げれば、リスクは高くありません。

この術式で、ヒアルロン酸に含まれる局所麻酔が母体血中に吸収される量は極めて少量であると考えられます。
http://www.shinagawa.com/petit/hy/
痛み止め・化膿止めが処方されないくらいですから、注入された麻酔薬もごくごく少量でしょう。

念のために明日以降、受診されている婦人科に相談はされてみた方がいいでしょう。
妊娠21週であれば器官形成期は過ぎていますので奇形が起こるリスクは高くありませんが、麻酔薬が胎盤を移行して胎動減少のような影響が現れている可能性は完全には否定できません。

繰り返しますが、リスクはかぎりなく0に近いと思われますので、安心された方がよいでしょう。母体の不安状態が続くことは胎児に良い影響を及ぼしません。

以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
少しご安心いただけましたでしょうか?
質問者: 返答済み 5 年 前.
ありがとうございます!少し安心しました。
もう一つ伺ってもよろしいでしょうか?
歯科での局部麻酔も同じ事が言えるのでしょうか?
銀歯が取れて虫歯が出来、治療せざるおえません。
歯科の麻酔の方がリスクは低いのでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 5 年 前.
妊娠16週目以降は問題なく歯科治療が可能であるとされています。

歯科治療で一般的に用いられる麻酔は催奇形性はありません。最も使用される血管収縮薬エピネフリンを含むリドカイン(キシロカイン)は胎盤通過性があります。
しかし使用量は影響を及ぼす量よりはるかに少ないので、それほど心配する必要はないと言われています。

おそらくプチ整形に用いられた局所麻酔薬も同じものだと思われます。
仕様量や使用部位を考えると、どちらもリスクは同程度に低いと考えます。
猫山司をはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問