JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Gに今すぐ質問する
Dr-G
Dr-G, 産婦人科医
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 6590
経験:  1987年: 山梨医科大学を卒業し、産婦人科に入局。1991年: 医学博士号を取得。現在、米国に留学中。
20084961
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
Dr-Gがオンラインで質問受付中

私は現在35歳で、1年半ほど自然妊娠に試みたが排卵ピルの服用で2回妊娠したが初期で科学流産しました。(半年ごとに2回

質問者の質問

私は現在35歳で、1年半ほど自然妊娠に試みたが排卵ピルの服用で2回妊娠したが初期で科学流産しました。(半年ごとに2回の科学流産です。)海外で不妊治療IUIを二回実施した結果、成功に至りませんで した。(一回目は自然サイクルで二回目はクロミッド服用しました。)IUI3回目を実施するときにFSH値が14に達してることがわかり、お医者さんにはIVFを進められていますが、色々と心配です。卵子の在庫が少ないということで理解していますが、IVFをした際に卵巣が刺激されても卵子の数が増えなかったり、質が悪い結果になってしまったらもう後戻りは出来ないような気がします。漢方で体を整えながら自然の方法で妊娠を試みた方がいいのか、(IVFの実施により卵巣が逆に弱まるリスクはがあるのではないかと心配です)それともお医者さんに言われたようにもう時間がないのですぐにでもIVFに実行したほうがいいのか、とても迷っています。アドバイスを頂けたら大変助かります。宜しくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  Dr-G 返答済み 5 年 前.
FSH値が14であることは卵の在庫が少ないことを示していますが、とても悪いという訳ではありません。年齢のことを考慮して、漢方で治療するよりできるだけ早くIVFをした方が良いと思います。卵の在庫が少ない場合に特別のIVFの方法があります。GnRH agonist (Lupron)を使ったmicroflare protocolとassisted hatching protocolです。あなたのお医者さんと相談してみてください。 
Dr-Gをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 5 年 前.
ご回答を頂き、有り難うございます。漢方の治療は3ヶ月を目安に考えておりますが、私のような状況では3ヶ月後にIVFをするにはもう遅いのでしょうか?私に残される時間が後のどのぐらいあるか確実に言うのは難しいと思いますが、専門家の立場として3ヶ月も待たない方が良いのでしょうか?3ヶ月後と今がもし対して変わらないようであれば、漢方で土台をきっちり作ってからIVFに試みたほうがたとえ失敗してもまだ自分は納得行くような気がします。アドバイスを頂いた治療ほうですが(GnRH agonist (Lupron)を使ったmicroflare protocolとassisted hatching protocolです。)一回の治療で卵の在庫がなくなるリスクはありますか?
専門家:  Dr-G 返答済み 5 年 前.
3ヶ月なら問題はありません。納得行くのでしたら漢方の治療をしてもかまいません。その方法は卵の在庫の少ない方に適応するものです。IVFを成功するために3か4の成熟した卵胞が必要です。最初に通常のIVFの卵胞刺激方法を行い、もし十分な成熟卵胞が得られない場合、microflare protocolを使われたらいいと思います。一回の治療で卵の在庫がなくなるリスクはありません。assisted hatching protocolは受精した卵が子宮にとどまることを促進する方法です。その方法は受精した貴重な卵を有用に使用する方法で卵胞刺激と関係ありません。
Dr-Gをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問