JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
docmmartに今すぐ質問する
docmmart
docmmart, 産婦人科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

現在妊娠37週です。 36週の検診でも赤ちゃんが小さいといわれていました。 昨日37週の検診でしたが大きくな

解決済みの質問:

現在妊娠 37週です。

36週の検診でも赤ちゃんが小さいといわれていました。
昨日37週の検診でしたが大きくなっていませんでした。

検診結果は
36週(2287g)
・BPD  8、80(36w1d)
・FL   6、14(33w6d)
・APTD 9、32
・TTD  7、96(34w6d)


37週(2350g)
・BPD  8、84(36w3d)
・FL   6、21(34w1d)
・APTD 9、42
・TTD  8、05(35w3d)
でした。
小さい原因は赤ちゃんに問題があるのでしょうか?

またFLが短いことが気になっていて医師に四肢短縮症の疑いはないか腕の長さを測ってもらったところ5、4でした。
これは標準範囲内ですか?


またFLが短いとダウン症の疑いもあるとの事ですがこの数値で疑いはありますか?
産まれてみなければわからないということもわかっているのですが不安で仕方ないのでよろしくお願いします。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
はじめまして。私は、産婦人科の救急も扱う医師です。よろしくお願いいたします。あなたの健康状態は、どんな具合でしょうか。これと言って、喫煙していたとかそのようなことはないと考えてよろしいでしょうか。
質問者: 返答済み 5 年 前.

はじめまして。

 

喫煙は妊娠が発覚する前までしていました。(6週前後)

未成年から吸っていたので14歳くらいから吸っていました・・。

妊娠がわかってからは1度も喫煙はしていません。

 

よろしくお願いします。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
わかりました。確かに、FLだけが、低いですね。腕の長さも少し短いようですね。37週ですと、6.3が標準のようです。妊娠初期のダウ ン症のスクリーニングは進んでいるのですが、妊娠後期に関する資料はあまりと整っていません。というのは、赤ん坊が大きくなればなるほど、週数がかさめばかさむほど、BPDがうまくはかれないそうで、BPDとFLの割合が低いとダウン症の可能性が高いと言われているのですが、うまく測れないBPDを元には結論が出しにくいそうですよ。お年からも、ダウン症の確率は非常に低いですし、もう少しですからゆったりしたお気持ちで出産にのぞんでくださいね。心配しないほうがいいですよ。
質問者: 返答済み 5 年 前.

ご回答ありがとうございます。

FLも腕の長さも短いとの事ですが、標準範囲以内ですか?

それとも病的に短いですか?

 

医師からは全体的に小さいから際立ってFLが短くみえるだけと言われているのですが。。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
それでは、ほとんどの赤ん坊がどのような値に当てはまるのかを書いておきますね。37週で、FLは、6.2-8.2 腕の長さは、5.1-7.5 ということです。体重があまり増えていないほうが私は心配なのですが、それについては何とおっしゃっていますか。この時期、一日に約30gくらいは増えますよね。
質問者: 返答済み 5 年 前.

回答ありがとうございます。

病的ではないということで安心しました。がギリギリラインですね。。

 

34週から36週になるまでには1756g→2287gまで増えたのですが、今回は増えていませんでした。

36週にまではお腹の張りがあったため張り止めを服用していました。

私はお手洗いが近くそのたびにお腹が張っていたので1日2~30回は軽い張りがありました。

それと関係あるのでしょうか?

 

また医師からはこの1週間マルトスの点滴を受けるように言われています。

専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
お腹の張りには関係ないと思います。

赤ちゃんの育ちが悪い時には二つのパターンがあります。

一つ目は、体全体が均等に小さいパターン。
その理由は、妊娠初期の感染症(サイトメガウィルス等)、染色体異常(ダウン症等)、貧血、妊娠中の喫煙や飲酒等です。

次は、頭はふつうなのに他が小さいパターン。
これは、慢性的に血圧が高い時や、栄養不良が原因ですね。

あなたの赤ちゃんは、頭の大きさはふつうですよね。
どちらかというと、二つ目のパターンに当てはまりませんか。

「おかあさん、しっかり食べて栄養をつけないと!!」というのが今回のお答えになりますでしょうか。
いかがでしょう。
docmmartをはじめその他名の産婦人科・婦人科カテゴリの専門家が質問受付中

産婦人科・婦人科 についての関連する質問