JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

docmmartに今すぐ質問する

docmmart
docmmart, 産婦人科系の患者を診察しています。
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
満足したユーザー: 4173
経験:  救急医、准教授
61793059
ここに 産婦人科・婦人科 に関する質問を入力してください。
docmmartがオンラインで質問受付中

60

質問者の質問

夫婦共に60歳です。頻度は 2-3ヶ月開いたり 一週間ぐらいだったり いろいろですが今年になってから 性交痛があるようになりました。事後も ヒリヒリした感じがあり うっすらと出血しますし、膀胱炎になったことも 4-5回ありました。オリモノなど変わった様子はありませんが婦人科を受診して 夫の様子を伝え 内診と検査をしてもらいました。 診た感じでは特に異常はなさそうだそうです。 私の悩みは 性交時痛  事後違和感 膀胱炎なのですが年が年なのに お医者様に言いにくくて 困っています。どのように伝えたら良いのでしょうか?


夫は 夏頃から 事後数回 茎の部分が少し赤くなってむず痒くなり、数日でザラザラした感じになり そのうちに治るそうですが  病院に行かずに市販薬で治療可能なら 薬剤名を教えて頂きたいのです。夫は軽い糖尿病です。 

投稿: 5 年 前.
カテゴリ: 産婦人科・婦人科
専門家:  docmmart 返答済み 5 年 前.
確かにこういう性に関するご相談は、こういうサイトが一番聞きやすいですよね。

婦人科で、内診と検査の結果がよかったことはまずは朗報です。

閉経後は女性ホルモンが低下しますよね。
それにともなって膣の潤滑度が下がります。
60代の女性の半数以上が膣の乾燥に悩まされます。
そのため60代の女性で性交痛を訴えるのは、90%以上に上るそうですよ。
こういう状態を、萎縮性膣炎といいます。

治療法は、潤滑剤(水ベースのジェリー)やホルモン剤ですね。

潤滑剤は薬局で買うのが恥ずかしければ、ネットで検索すれば購入できますよ。
この潤滑剤でかなり性交は楽になると思います。

膀胱炎につきましては、いったんかかってしまうと抗生物質が必要になるので、それを防ぐために一案を差し上げます。
性交後、おトイレで膀胱を空にしてからお休みください。
それだけでもずいぶん違いますよ。

ご主人の件は軽い糖尿があるということで、その治療に専念されてくださいね。
糖尿はたとえ軽くても軽く見てはいけません。
その湿疹はおそらくカンジダという真菌でしょう。
糖尿病の患者さんはこのカンジダに悩まされることが多いです。
治療法は、抗真菌剤ですね。
クリーム状になった軟膏か、飲み薬です。
処方箋がいるのでは?
主治医にご相談されたほうがいいですよ。

閉経後の成功に関しましてはやはり種々の問題がありますが、あまり間をおかずに定期的に行うことも大切ですよ。いろいろ工夫されてくださいね。

このお答えをプリントして婦人科をお尋ねになってください。
そうすればコミュニケーションはスムーズに行くはずです。

お役に立てれば幸いです。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • Dr_GATO

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    616
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    616
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/khagihara/2009-6-26_175029_phpwG3deq_c2PM.jpg Dr-G さんのアバター

    Dr-G

    産婦人科医

    満足した利用者:

    50
    1987年: 山梨医科大学を卒業し、産婦人科に入局。1991年: 医学博士号を取得。現在、米国に留学中。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    医師

    満足した利用者:

    308
    脳神経外科医師としての経験が30年余あります。
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    313
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
 
 
 

産婦人科・婦人科 についての関連する質問