JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
9circleに今すぐ質問する
9circle
9circle, 二級自動車整備士
カテゴリ: ニッサン
満足したユーザー: 589
経験:  公共職業訓練後、二級自動車整備士、自動車検査員資格取得、現在認証工場勤務。国内外の自動車修理全般に携わってます。
67477856
ここに ニッサン に関する質問を入力してください。
9circleがオンラインで質問受付中

2011年式、セレナ・ライダーJパッケージに乗っております。先日、雨天で高速走行中にエンジン回転数が上がらなくなり、

解決済みの質問:

2011年式、セレナ・ライダーJパッケージに乗っております。先日、雨天で高速走行中にエンジン回転数が上がらなくなり、アクセルをベタ踏みしても反応無し、シフトを Lレンジに切り替えたり、スポーツモードにしても反応しないことが起きました。この現象は納車から現在までに3回ほど発生しているのですが、いずれも雨天時で高速走行中です。いずれの発生時には後続車両が走行していたので事故の可能性もあったほど危険な状態でした。メーター類には警告ランプは点灯していません。初めての現象の翌日にディーラーへ持ち込みましたがコンピュータの履歴にもエラーはなく、数日点検していただきましたが現象は発生しないので様子を見て下さいとのことでした。また、上記の件とは直接関係ありませんが、高速道路の料金所で前の車両がETC料金所出口でトラブルだったため、所員からバックするように言われたのですが、バックで後進しようとしたらアクセルを踏んでも今にも止まりそうなぐらいの速度しか出ず、この際もアクセルは反応なしのような状態でした。考えられる原因はあるでしょうか。宜しくお願いします。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ニッサン
専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.
はじめまして。自動車整備士の9circleと申します。

ご質問内容を拝見し、大変お困りのこととお察しいたします。
少しでもお役に立てればと思い、投稿させていただきました。

雨天高速走行時限定でアクセルペダルの反応が極端に悪くなるとの症状から
横滑り防止機能の誤作動の懸念がございます。

ご承知でしたら以下失礼いたします。
各車輪に設置されているABSセンサーからの信号波形を解析して主にカーブを曲がるときに車両が横滑り状態に陥ったと判断して出力制限を行う機能です(すなわちアクセルを踏んでもエンジンが反応しないか鈍くなります)。

雨天高速走行は乾燥路面と状況が異なり、より滑りやすい路面ですから、常に誤判断ギリギリの状態で走行していると仮定すると直進状態で乾燥時には症状が出ないものが、雨天時には症状として現出するのかもしれません。

ただ警告表示が出ないことが不思議に思います。

また、確認ですが、空気圧が適正に調整されている前提で、ノーマルと違うサイズのタイヤ、ホイールの装着はございませんか?AUTEC、NISMO等が用意した準純正ホイールでも注意が必要かもしれません。





質問者: 返答済み 4 年 前.

ご回答ありがとうございました。


 


補足なのですが、現象発生時の高速道路はいずれも雨天での走行でしたが、走行区間は水はけも良く、ハイドロプレーニングが起きる状態ではありませんでした。


また、3度とも偶然ですがトンネルに進入しトンネル内で現象が起きています。なのでABS作動とは思えず、また走行区間も直進地帯なのでよほどの大雨で路面状態が悪くない限りはABS作動したとは思えないのです。


現象が発生後、SA等で一旦停車、もしくはICで下りた後も回転数が一定以上は上がりませんでした。ただし、エンジン停止し、再度エンジンをかけ直すと症状が消えました。最初の発生の際はそのままエンジンを切ると二度とエンジンがかからないかもしれないという不安から、そのまま自宅まで低速のままで帰りました。


ABSが作動後に回復した場合のことがわからないのですが、そのままずっと出力制限状態ではないはずです。先日の発生後、すぐに最寄りのICに下りて、徐行、停車した後、一般道を走行しましたが、一定以上回転数は上がりませんでした。(1500回転ぐらいまでしか上がりません。)


また、上り坂で負荷がかかったり、雨天でタイヤが空転する場合はキックダウンのような状態になってもいいはずですが、上り坂でシフトを下げずに登ろうとしてアクセルはベタ踏みなのにエンジン回転数が落ちていくミッション車のようでした。


 


素人だけに勝手な想像なのですが、雨天時の走行だけに多少水分の混じった空気を高速に吸気していた状態から急にトンネルに入って乾燥した空気を吸気して状態が変わったせいのではないかと思いました。


 


先日の台風接近の大雨時に所用で高速利用していましたが、現象は発生しませんでした。またこの時はたまたまだと思うのですがトンネル区間はありませんでした。3年近く、晴天時・雨天時、一般道路、高速道路といろんな条件で走行していますが、再現性はありません。


 


ホイールについてはライダー専用(オーテック専用)ホイールです。


ただ、先日の現象時はたまたまですが新品タイヤに交換したばかりだったので通常よりもウェット走行は安定していたと思います。


 


ディーラーも可能性の一つとして電気信号の異常?(ストップランプ等の信号が残ってしまって、ブレーキを踏んだままアクセルを踏んでる状態を異常と認識してエンジンの出力を制限した)と言うのですが、高速道路なので基本ブレーキは踏みませんし、前回のブレーキ(IC出発時、SA出発時等)の異常が残ってるとは思えません。


 


ディーラーに確認したわけではないのですが、セレナの場合は車の異常を警告ではなくエンジンの出力制限をもってドライバーに知らせるようなことをネットで拝見したことがあります。(間違っていたらすみません。)


その場合だと、ドライバーは判断を誤る可能性もあります。警告灯以外の方法でエンジン出力制限があるというのは間違いだと思いたいのですが、今回の件がそれに該当するようなら事故になりかねないので、いろんなご意見をうかがって判断したいと思います。


 


 


 


 


 

専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.
詳細な情報提供に感謝いたします。

まず最初に誤解があってはいけませんので説明を補足します。

横滑り防止装置はABSとはセンサを共用していますが異なる機能です。

トランスミッションからの出力速度(車速センサーで検出します)と車輪の速度(ABSセンサー(または車輪速センサーと呼びます)で検出します)が一定以上離れるとスリップ状態であると判断し、速度と横方向の加速度、ハンドルを切っている方向を検知してエンジン出力制御や各車輪独立したブレーキ制御を行うのが横滑り防止装置です。

それを踏まえて、

質問者様が3回ほど経験されたエンジン出力が制限された状況は、横滑り防止機能が働いたものではないような印象を持ちます。この機能は比較的短時間で、継続的ではない場合がほとんどだからです。

エンジン停止まで出力が制限されている状態はいわゆるフェイルセーフ状態(緊急時作動状態)と思います。フェイルセーフは電子制御の範囲内に重大な損傷が生じた場合に、サービス工場まで何とか走行できる配慮です。

エンジン再始動時に損傷の部位が回復していれば通常状態に戻ります。


推測の域は出ませんが、雨天時、トンネル内というのは偶然でないかもしれません。

トランスミッションを制御するセンサーに前述の車速センサーがございますが、この車速センサーの信号はナビゲーションシステムにも使用されています。特にトンネル内などGPSからの電波が届かない環境では、GPSが主だった位置情報を車速センサーで補うためトンネル内に入ったときに、トランスミッション制御に何らかの影響を与える可能性があります。

雨天で受信できるGPSの数にも差があるのかもしれません。

ナビゲーションシステムは純正品ですか?

この可能性を排除するために車速信号をナビゲーションシステムに入力させないという検証方法があります。

腑に落ちないのはこのフェイルセーフ状態に一度でも陥れば、車載コンピュータの故障履歴として残ることです。まさかとは思いますが、エンジンコンピュータのみの診断で、トランスミッション、ABSその他のコンピュータの故障履歴を閲覧していないということはございませんでしょうか。

確認が必要だと思います。

よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.

再度の回答ありがとうございました。


またABSの解説も勉強になりました。ありがとうございます。


 


今日、ディーラーへエンジン以外の診断もお願いして結果なのですが、ほとんどの項目で異常検知が出ました。


 


今回指摘されたのは車内取り付けのLEDテール(社外品)及びドアミラーウインカー(社外品)で、いったん純正状態に戻して欲しい、戻した後で現象が発生するかどうか様子を見て欲しい、イルミの配線と違ってユニット部分はデリケートなので電流の流れが正常値と違うことで正常に働いていない可能性が大ということ、全国的にもLEDテールでの不具合報告が上がってきているので推測の域ですが原因となっているのではないかということです。


 


LEDテールについては純正に戻し、ドアミラーウインカーについてはすぐに戻すのが困難なのでテールのみで様子を見たいと思います。


(サイドマーカーがあるので、LEDに交換というわけではなく、ドアミラー部の追加という形になるのでテール部よりは原因が少ないのではないかと考えています。)


LEDテールですが、脱着した際にコネクタ部分(尾灯のコネクタ)に青錆が発生していたので、社外品のコネクタでは規格に甘さがあるのかなとも思い、このことも要因(接触が不安定)かもしれないと思いました。


 

専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.
その後の経過のお知らせありがとうございます。

故障探求でまず基本は純正の状態であることです。
過日、準純正ホイールに疑いをもったのも、同種の懸念があったからです。

近年の自動車は電子制御の及ぶ範囲とその緻密さから、非純正の装着品で誤作動を起こす例が枚挙に暇がありません。

今回の質問者さまの事例も、例に漏れず社外テールによる誤作動の可能性が高いと思います。

この度はありがとうございました。
9circleをはじめその他名のニッサンカテゴリの専門家が質問受付中

ニッサン についての関連する質問