JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
9circleに今すぐ質問する
9circle
9circle, 二級自動車整備士
カテゴリ: ニッサン
満足したユーザー: 583
経験:  公共職業訓練後、二級自動車整備士、自動車検査員資格取得、現在認証工場勤務。国内外の自動車修理全般に携わってます。
67477856
ここに ニッサン に関する質問を入力してください。
9circleがオンラインで質問受付中

グロリア平成11年式GH-HY34・走行約19万キロに乗っています。 普段は燃費も快調 (高速約80kmで13km

解決済みの質問:

グロリア平成11年式GH-HY34・走行約19万キロに乗っています。
普段は燃費も快調 (高速約80kmで13km/Lくらい)でしたが、先だって首都高速走行中、エンジンがガクガク鳴り出し、燃費サインも急に落ちだしました。
エンジン6発のうち、一つが機能していない感じでした。回転数を急激に上げたりしまして、しばらく走行しましたところ、何とかおさまりました。ですが、停車中時々エンジンが止まってしまいます。
どういう原因なのでしょうか。ご教授をお願い申し上げます。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ニッサン
専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.
はじめまして。自動車整備士の9circleと申します。

ご質問内容を拝見し、少しでもお役に立てればと思い投稿させていただきました。

お車の症状から6個ずつございますイグニッションコイル、もしくはインジェクタの機能が損なわれている印象がございます。

確率的にはイグニッションコイルの不調ですが、

イグニッションコイル不調の場合、温間で調子が悪くなり、冷間になると調子が回復することがございます。また、6個のうち1個機能が停止してもエンストに至ることはございません。今回の症状を伺う限りでは、高回転までエンジン回転を上げると回復し、時々エンストもするとのことですから燃料噴射(インジェクタ)の不調を疑う必要があります。

専用の外部診断機でパワーバランステスト、及びスパークプラグの目視点検を行い、どのシリンダに不調があるかと、どのような不調があるか(失火、燃料過多、燃料希薄)を総合的に判断する必要があると思います。

お近くのディーラーなど専用の機器(コンサルトと申します)を備える工場に持ち込まれることは可能でしょうか?

よろしくお願いします。
質問者: 返答済み 4 年 前.


ありがとうございました。一度、プリンスに入庫し検査していただきます。


 


またよろしくお願いいたします。

専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.

コイルもインジェクタも全数交換しましょうなどと、原因箇所を特定しないメカニックであれば別のディーラーをお尋ねください。

原因特定した後、予防的に全数交換する提案なら間違いないでしょう。

よろしくお願いします。
9circleをはじめその他名のニッサンカテゴリの専門家が質問受付中

ニッサン についての関連する質問