JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
9circleに今すぐ質問する
9circle
9circle, 二級自動車整備士
カテゴリ: ニッサン
満足したユーザー: 589
経験:  公共職業訓練後、二級自動車整備士、自動車検査員資格取得、現在認証工場勤務。国内外の自動車修理全般に携わってます。
67477856
ここに ニッサン に関する質問を入力してください。
9circleがオンラインで質問受付中

米国で日本製日産ムラーノ12年モデルに乗っています(新車で購入、まだ2万km程度の走行距離)。 が、車が左へ左へと

解決済みの質問:

米国で日本製日産ムラーノ12年モデルに乗っています(新車で購入、まだ2万km程度の走行距離)。
が、車が左へ左へと引っ張られるため、ハンドルをわずかに右に切っていないと中央分離帯側へ車が寄っていってしまいます。
アラインメンとの調整、タイヤのローテーション、空気圧のチェックは何度も重ねていますがどうしても完璧には直りません。(納車直後にはひどく左へ引っ張られ、ハンドルを明らかに右に向けていないといけなかった。が、これはアラインメンとの調整で大幅に改善。)
何が原因の可能 性があるのでしょうか。どのような言い方でディーラーとは話をするのが的確な修理依頼になるのでしょうか。

ちなみにその車はこの1年の間にこの左へ引っ張られる現象のみならず、パワステオイル漏れ、エンジンルーム?周辺のカタカタ音、車前半分のどこかで段差を乗り越えるときにキッキッと軋み音までしており、外れ玉だったことは間違いありません。ディーラーに持っていくたびに原因不明、現象特定できず、との回答で、パワステオイル漏れ以外はまともに修理をしてもらえておりません。二度と日産車は買わないと心に決めさせた1台です。
投稿: 4 年 前.
カテゴリ: ニッサン
専門家:  9circle 返答済み 4 年 前.
はじめまして。自動車整備士の9circleと申します。

ご質問内容を拝見し、大変お困りのこととお察しいたします。
少しでもお役に立てればと思い、投稿させていただきました。

ホイールアライメント、タイヤローテーション、タイヤ空気圧の点検、調整でわずかに左にハンドルが取られる状態が改善しないとのこと。

わずかな望みではありますが、タイロッドの長さ(調整できます。)の左右差を点検し、大きく差があるなら一度調整してみてはいかがかと思います。当然、ステアリングも一旦ステアリングポストから離脱し、再装着することになります。すなわち、ステアリングの中立位置が狂っているのではないかとの懸念です。パワーステアリング作用に微妙に影響していることを可能性として考えました。

その他、事故歴はないものとお察しいたしますが、例えばフロントホイールを縁石などにヒットし、左右のホイールベースに差が生じている場合も同様のハンドルを取られる原因になります。しかしこの場合、ホイールアライメント測定で不具合は発見できるはずですが、ホイールアライメントと言ってもホイールベースまで測定していない場合もありますので、この点についても作業者に確認できたらお願いしてみてはいかがでしょうか?

以上でございます。






9circleをはじめその他名のニッサンカテゴリの専門家が質問受付中

ニッサン についての関連する質問