JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
9circleに今すぐ質問する
9circle
9circle, 二級自動車整備士
カテゴリ: ニッサン
満足したユーザー: 589
経験:  公共職業訓練後、二級自動車整備士、自動車検査員資格取得、現在認証工場勤務。国内外の自動車修理全般に携わってます。
67477856
ここに ニッサン に関する質問を入力してください。
9circleがオンラインで質問受付中

以下のような判断で正しいでしょうか? お教え下さい 10年ほど前のサニー1500cc(走行距離7万キロ)のAT

解決済みの質問:

以下のような判断で正しいでしょうか? お教え下さい

10年ほど前のサニー1500cc(走行距離7万キロ)のATについて、
時々シフトロックしてPレンジがらシフトレバーが動かなくなる。
販売店は、エンジンが回転していない状態でシフトレバーがスムースに動き、エンジンが回転している時には
シフトレーバーを動かすとゴリゴリした動きショック音が発生する。
この状態からATの内部に不具合があり、AT交換が必要と判断している。
投稿: 5 年 前.
カテゴリ: ニッサン
専門家:  9circle 返答済み 5 年 前.
はじめまして。自動車整備士の9circleと申します。

ご質問内容を拝見し、少しでもお役に立てればと投稿させていただきました。

販売店の判断に間違いはないと思います。

AT修理は多くの場合リビルト品(再生品)との換装になります。
AT修理には専門の知識・技術と専用の設備環境が必要ですので、一般修理工場で分解修理することは作業効率、完成品質安定性の面から分業を選択するのが一般的です。

変速不良などの場合、コントローラの不具合や、バルブボディーと申します油路や油圧の制御を行うAT内部の比較的作業が簡単な部品交換で完治する場合がございますが、質問者様のお車の症状から察しますともう少し込み入った機械機構部の損傷と思われます。

簡単ではございますが、ご参考になさってください。

よろしくお願いします。


9circleをはじめその他名のニッサンカテゴリの専門家が質問受付中

ニッサン についての関連する質問