JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
dr-yyamamotoに今すぐ質問する
dr-yyamamoto
dr-yyamamoto, 神経科医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 380
経験:  勤務医
99857541
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
dr-yyamamotoがオンラインで質問受付中

こんにちは。49歳男性です。 今年2017年10月13日に手術を受けました。

解決済みの質問:

こんにちは。49歳男性です。今年2017年10月13日に手術を受けました。
粘膜下下鼻甲介骨切除術(左右)、鼻中隔矯正手術、内視鏡下副鼻腔手術(左右)です。術後、一か月が経ちましたが、右上唇から右小鼻の感覚がありません。油断すると口に含んだ水がこぼれ落ちます。また鼻水が垂れていても感覚がないため気付きません。感覚のない部分は、術後腫れがなかなか引かない部位でもあります。また、右頬には、未だ腫れが残っており、常時痛みと痒みが混在したような感覚があります。主治医によると、唇に繋がる神経が切れた可能性もあるが、回復する可能性もあるので3か月くらい様子を見る必要があるとのことです。そこでお尋ねしたいのですが、
1)右頬の痛みが改善が遅く、術後2か月間分の抗生剤を処方して頂いてる状態ですが、回復を促すために取り得る手段はございますでしょうか。
2)もし、神経をつなぐ手術をする必要があるなら早いほうが良いと聞きます。神経が総称されている場合に備えて、今なすべきことはございますでしょうか。
3)現在、抗生剤(クラリスロマイシン200)を1日1錠処方されていますが、夕方以降、腫れが広がり痛みが増します。このような場合、朝夕合計2錠飲んでもいいでしょうか。因みに何度か試しに飲みました際には、痛みや腫れが軽減されました。質問の中に、ご専門でないことも含まれているかと存じますが、お応えいただける範囲内で、ご教示いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。
投稿: 22 日 前.
カテゴリ: 神経科
質問者: 返答済み 22 日 前.
35330;正【誤】  2)もし、神経をつなぐ手術をする必要があるなら早いほうが良いと聞きます。神経が総称されている場合に備えて、今なすべきことはございますでしょうか。【正】  2)もし、神経をつなぐ手術をする必要があるなら早いほうが良いと聞きます。神経が損傷されている場合に備えて、今なすべきことはございますでしょうか。
専門家:  dr-yyamamoto 返答済み 22 日 前.

質問ありがとうございます。

ご心配のことと思います。

>1)右頬の痛みが改善が遅く、術後2か月間分の抗生剤を処方して頂いてる状態ですが、回復を促すために取り得る手段はございますでしょうか。

→CTを撮影して感染が起こっていないかなどの評価を行い、その結果により対処を考慮するのがよいかと思います。

2)もし、神経をつなぐ手術をする必要があるなら早いほうが良いと聞きます。神経が総称されている場合に備えて、今なすべきことはございますでしょうか。

→主治医は自然に回復するのを待つ方針ですので手術は考えていないように思います。質問者様が神経再建術を考慮していることを主治医にその旨を相談するか、術式や検査結果などを含めた紹介状を書いてももらってセカンドオピニオンをききに行くのが、今後に備えてできることになるかと思います。

3)現在、抗生剤(クラリスロマイシン200)を1日1錠処方されていますが、夕方以降、腫れが広がり痛みが増します。このような場合、朝夕合計2錠飲んでもいいでしょうか。因みに何度か試しに飲みました際には、痛みや腫れが軽減されました。

→抗生剤を多く飲ん際にすぐに痛みが改善するというのは、あまり医学的に根拠のないことなので、プラセボ効果(気持ちの問題)も多いように思います。ただ、クラリスロマイシン1日1錠は確かに量として少ないので、そのために感染が叩ききれていない可能性はあります。

多めに内服して効果があるのであれば、腫れは感染の可能性がありますので、やはりCTによる評価や、持続感染であれば、原因菌を調べ適切な抗生剤を適量使用する必要があるため、主治医にクラリスロマイシンを多く飲むと改善するということを報告相談された方がよろしいかと思います。

質問者: 返答済み 22 日 前.
26089;速、ご教示いただきまして、ありがとうございます。
一点、お尋ねいたします。
「神経再建術を考慮していることを主治医にその旨を相談するか、術式や検査結果などを含めた紹介状を書いてももらってセカンドオピニオンをききに行くのが、今後に備えてできることになるかと思います。」とのことですが、
仮に神経再建術が必要とした場合に、神経損傷後、どのくらいの期間内に手術を行うことが望まれますか。
神経損傷してからの経過日数と神経再建手術の成功率との間に何らかの相関関係はございますでしょうか。
以上、ご教示の程、宜しくお願い申し上げます。
専門家:  dr-yyamamoto 返答済み 22 日 前.

やはり、切断後からの期間が短い方がいいとは言われています。

大規模研究による具体的な数値は研究データがないのでお示しできません。

また、期間が空くと、麻痺している部分の顔の筋肉が垂れてきて、筋肉を縫い縮めるなどの追加手術も必要になることがあります。(ただし、これは年単位で放置した場合になります。)

ただ、現在神経が切れているという確証もないわけですので、まずはそこからセカンドオピニオンで評価してもらうことになるかと思います。

dr-yyamamotoをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 22 日 前.
Customer#27096;
ご教示につきましては、感謝申し上げます。
ありがとうございました。JUSTANSWER様
因みに、JUSTANSWER運営上の問題によるところが大きいと存じますが、専門家の方が実名を出さない、JUSTANSWERという会社の実態がよくわからないなど、誰と話してるかよくわからない点は残念です。
専門家:  dr-yyamamoto 返答済み 22 日 前.

評価頂きありがとうございました。

お大事にされてください。

神経科 についての関連する質問