JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 総合診療医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 791
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

3年前から右目上まぶたが下がり両眼性複視に悩んでいます。眼科医に行ってもビタミンB12を処方されるくらいで助けになりませ

解決済みの質問:

3年前から右目上まぶたが下がり両眼性複視に悩んでいます。眼科医に行ってもビタミンB12を処方されるくらいで助けになりません。糖尿病の検査はHbA1c・クレアチニン共に正常値です。血圧は高めで140くらいです。
年齢は63歳です。
最近では外斜視が現れ目の焦点が定まらなくなってしまいました。どこか脳の血管の血流が悪いのでしょうか?このような場合、受診は脳神経科でよろしいのでしょうか?
投稿: 1 月 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Dr-K 返答済み 1 月 前.

総合診療医のKKと申します。元々の専門は神経医学です。

診察できない診察できないインター―ネット遠隔医療相談では診断は行えませんが、眼瞼下垂を伴う両眼性複視ということですと、「動眼神経麻痺」が第一に疑われます。

http://www.nichigan.or.jp/public/disease/hoka_w-vision.jsp(←クリックして下さい)

【情報リクエスト】

①眼科主治医からは脳神経外科や神経内科受診の勧めはないのでしょうか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

(24時間この画面の前で待機している訳ではなく本業・食事・睡眠・所用のためにいつでもすぐに回答できるとは限りません。返信をいただいたタイミング次第では、回答をお待たせすることがございますが、あらかじめご了承願います)

専門家:  Dr-K 返答済み 1 月 前.

眼球の動きは、6本の筋肉と、それをコントロールする3本の神経(外転神経、滑車神経、動眼神経)によってコントロールされています。
あなたにおかれましては、動眼神経に障害が生じている可能性が考えられます。
また手の運動障害や嚥下障害を伴っていますから、動眼神経を動かす脳の神経核に腫瘍や梗塞が生じることで起こる場合もございます。

神経内科を受診されて、原因疾患の検索と、それに応じた治療を受けられることをお勧めいたします。

以下のサイトから日本神経学会認定の神経内科専門医が検索できますので、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本神経学会認定神経内科専門医名簿】
http://www.kktcs.co.jp/jsn-senmon/secure/senmon.aspx

Dr-Kをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問