JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr.なかむらに今すぐ質問する
Dr.なかむら
Dr.なかむら, 医師
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 714
経験:  国立大学病院勤務経験あり
97224115
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Dr.なかむらがオンラインで質問受付中

はじめまして、宜しくお願い致します。

質問者の質問

はじめまして、宜しくお願い致します。
11月18日、転倒により外傷性硬膜外出血の為開頭手術52ホチキス縫合後11月30日に患部縫合を取りました。
術後1週間程で歩行訓練と機能訓練をはじめましたが、歩行訓練を院内の廊下で手摺と杖で訓練をしましたが、大変おぼつかない状況でした。12月早々退院の話が出たのでびっくりして自宅付近マイドクターに相談に試験外泊をとり移動は全てタクシーで受診をして状況を話し見ていただき、担当医にリハビリ病院の手続きをして頂くように御指導頂きました。
本来入院中の医師よりリハビリ病院への通知ないと通えないとのことでした。
その話を入院病院に戻り話しても受け入れられずに12月5日退院となりました。
自宅退院の状況では、高次脳訓練と歩行訓練の専門的な事がわからずに寒い時節柄、年齢も52歳と困っています。
労災扱いは、何度か重なる事もあり直ぐに対応され事務処理はスムーズです。
住いは杉並区西荻窪で、河北病院か荻窪病院がリハビリ指定病院と地元医師に説明は受けましたが、マイドクターではリハビリ病院への手続きができない状況です。
大変物忘れ単語が出てこない事と両股関節の痛みます。
直ぐに治療を希望をしたい状況と困っています。
どうか御指導と御鞭撻の宜しくお願い致します。
頭痛がと取れず睡眠時間も浅く、体重は10キロ程やせましたが食事だけは嫌でも確り摂りる事に心がけています。
環境は、妻飲食店経営と娘は期末テスト中の状況です。
介護の甥も12月8日までいましたが、海外出張となりました。
タクシーを呼んで往来する事で移動します。
車椅子と杖は揃いました。
薬は、テグレトール&ミオナ―ル&デパス&頭痛薬&眠剤で16日迄自宅退院の状況の期間身体を動かずに回復に時間がかかるようにしています。
早々の入院リハビリ先をできるだけ近い病院を希望しています。
どうぞ宜しく御回答の程、お待ち致します。
携帯電話等の電磁波に大変敏感で頭痛がひどくなり6時間おきの頭痛薬を飲んでいます。
ひらかた
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Dr.なかむら 返答済み 1 年 前.

ご質問ありがとうございます。入院中の医師に受け入れられずリハビリ病院へ通院できないという点が、少し疑問に思います。

ご年齢、病気から手術後の期間を考えれば通常はリハビリ病院は受け入れてくれそうな状況かと思います。

リハビリ病院の受け入れ先によっては飛びこみでもリハビリを受けてくれる施設はあるかと思いますが、その点も難しいでしょうか?

何か担当医と問題があったのでしょうか?

少し返信がこれ以降遅れてしまうかもしれませんが、しっかり対応したいと思います。またご返答お願いいたします。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26152;日続きですが、診療情報提供書等を添付したいのですが、手順をお知らせください。
前後しますが、ジャストアンサーの幅広い専門家連帯について事故の経過を簡略にお伝え致し、医療の面・法律的面・その他御指導頂きますと幸いですので宜しくお願い致します。
1、医療の面は、本日付近リハビリ化のある荻窪病院に問い合わせをしたところリハビリだけの治療はできないとのことです。
福祉事務所にも連絡しましたが、本来手術を受けた杏林大学病院が引継ぎ病院に入院中にバトンタッチをする事が必要と説明を受けました。
私の状況は、頭痛が絶え間なく起こり不安定になる事も頭痛を激しくしてしまう為、大変です。
どうかリハビリ対応医療機関をご紹介いただきたくお願い致します。2、怪我の経緯)
平成2年勤務中の交通事故(20代)により第1回目の硬膜外血腫脳挫傷により後遺症が残りました。
1回目は、後遺症に感じる部位はなかったように気薄です。
その後、転倒が度々起こり搬送治療されていました。
2回目の開頭手術の大きな怪我(30代)は、硬膜外血腫の手術で2か月ほど入院治療を受けました。
その後、左耳難聴障害・平衡感覚機能障害・股関節機能障害等 、当時は医療機関も福祉事務所もグレーゾーンでありました。
その後、都立神経病院に検査入院をしました。
障害者手帳(肢体不住3級 ・ 高次機能障害2級⇒一度更新があり3級に下がりました)も4年前に支給された経緯です。先月11月18日転倒搬送(52才)(はじめて痙攣が起こる事を体感しました)、硬膜外血腫により開頭手術を施術を受けました。
経過として、全て労災で治療の現状です。今までの経過で様々な体験による比較など、今回の術後のリハビリについては大変リハビリが満足でない状況ですが、自宅退院の状況と中途半端で困っています。労災扱いは6号様式持参で病院の変更は可能です。丁度9月放映で脳神経外科山本悌二先生と福島先生を知り、新規受診の為今までの各診療情報提供書・レントゲンデーター・等々を纏めていたところでした。地元の医師に集約しその医師から紹介書の手順で進めていたところ
先月の開頭手術と大きな負担と時節柄寒さ深まる時節柄、リハビリ訓練と高次機能訓練の各内容も全くわからずの 自宅退院と書かれた診療情報提供書の内容には、理解ができません。法律的に勤務中の雇用者責任は、時効を迎えないとの法律家のアドバイスを昨年お聞きした事もありました。
事故時雇用者への損害賠償を具現化したい。3、リハビリ病院の入通院の具現化希望が、早急の課題です。
  住まいは杉並区西荻窪です。
  
  mailのご回答を希望します。
専門家:  Dr.なかむら 返答済み 1 年 前.

前提として、こちらのジャストアンサーでは一度の相談で別の専門家の意見を聞くことはできませんので、法律関係に関しましては、弁護士の質問欄でご質問ください。
診療情報提供書はそちらで必要となるかと思いますので、またご相談ください。
こちらでは経過がよくわかりました。
1. リハビリだけの治療は受けられないのは入院リハビリという事であれば難しいかもしれません。一度退院してしまっていますので、通院リハビリという事になると思います。
入院された病院から入院施設への紹介が一般的となり、一旦退院してしまうと入院でのリハビリは困難となるケースが多いと思います。
通院リハビリという事であれば対応はしていただける事が考えられますので、まず手順として手術を受けられた機関などで紹介状を作製していただき、リハビリ病院で通院リハビリを行うというのが良いかと思います。
2.こちらに関しては法律家とご相談ください。
3.こちらジャストアンサーでは具体的な病院の紹介は行っておらず、申し訳ございませんが、お近くのリハビリテーション病院をお探しいただくという事になります。
https://byoinnavi.jp/tokyo/suginamiku/031
こちらに具体的に杉並区でリハビリ科を掲げる病院が記載されております。
整形外科以外の総合病院などは適切かと思いますのでご考慮ください。

神経科 についての関連する質問