JustAnswer のしくみ:

  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。

猫山司に今すぐ質問する

猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14048
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

お世話になります 6月Fから複視になり 眼科で甲状腺眼症と診断(MRIで右目上部の筋肉の炎症)され

質問者の質問

お世話になります
6月Fから複視になり  眼科で甲状腺眼症と診断(MRIで右目上部の筋肉の炎症)され 1か月ほどステロイド錠剤をのみましたが改善さず
筋肉にステロイド注射(右目上部)をしました。約2か月たちました。
腫れの症状は改善されましたが、複視の状況は改善されず、悪くなっているよいうに感じます。
眼科だけでいいのか、脳神経関係の病院にも行くべきか悩んでおります。
5年間ほど仕事(職場でストレスを感じ うつ病を発症しました、現在は完治しております、ただストレスは感じております)
PS:約3年ほど前 左目に同じような症状がありましたが、その時はステロイド服用でなおりました。
よろしくお願いいたします。
投稿: 2 ヶ月 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 2 ヶ月 前.

【情報リクエスト】

おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

甲状腺眼症は、甲状腺に対する自己抗体が眼球の奥の筋肉や脂肪(眼窩組織)を攻撃することで炎症が起こり、眼筋・脂肪組織の線維化と容積増大が生ジル疾患です。

その結果として眼窩組織に押し出されて眼球が突出し、この眼球突出が進行すると複視や角膜障害、視神経障害が起こることもあります。

http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-120.html

↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑

眼球の動きは、6本の筋肉と、それをコントロールする3本の神経(外転神経、滑車神経、動眼神経)によってコントロールされています。
相談者様におかてましては、このいずれかに、眼窩組による圧迫による障害が生じている可能性が考えられます。

治療は、まずはステロイドの投与を行われ、難治例ではステロイドパルス療法、放射線療法、時には手術治療が選択されます。

相談者様の場合も、ステロイドの内服だけで治らないのであれば、より強力なパルス療法(http://byoukiwakaru.com/kougen/category4/steroidpulse18.html)や、手術も健闘する必要がございます。

甲状腺眼症という診断が確かなのであれば、上述したように、眼球の動きを司る神経の圧迫による複視で、神経や脳そのものに問題が起きているわけではありませんので、脳神経外科や神経内科の受診にはあまり意義が無いと考えます。

むしろ、より規模の大きな眼科の紹介を受け、受診されるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

JustAnswer メディア掲載:

 
 
 
Ask-a-doc ウェブサイト:簡単な質問がある場合は、さまざまな分野の専門家が回答してくれるサイトに投稿してみてはいかがだろうか。Justanswer.jp は特にお薦めだ。
10 月以来、JustAnswer.jp では一時解雇や失業、契約解除に関する法的な質問が急増している。
justanswer.jp/legal といったウェブサイトでは、
法律に関する確実な回答が得られる。
過去 30 日で JustAnswer のトラフィックは 14 パーセント上昇し、ページ閲覧回数は 40 万に近付いている...ストレスや高血圧、飲酒、心臓の痛みに関する質問にいたっては 33 パーセントという増加率を記録した。
グッド モーニング アメリカに出演しているキャリア専門家の Tory Johnson は、注目の在宅ビジネスとして、さまざまな分野の専門家がユーザーの質問に答える JustAnswer などを紹介。
専門家として登録するには、かなり厳しい審査をパスしなければなりません。
 
 
 

ユーザーの声:

 
 
 
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
< 前へ | 次へ >
  • ネットを通じて、質問、悩みを相談することは、私自身勇気のいることでした。でも、実際に相談してみたら、気持ちがすごく楽になったので、100パーセントではないけれど、友人がなにかなやんでたりしたら、ここを利用してみるのも、一つの選択だと薦めたいです。 東京都 小林
  • とても丁寧で迅速な応答をいただき、勇気づけられました。病院ではそこまで医師から説明もしてもらえませんし、きちんと向き合ってもらえないので、このようなサイトでいい医師に出会えるというのはよかったと思います。 大阪府八尾市 相田
  • 一人で外国に来ていて、病気になり知らない土地で病院にいきました。 結果として、その病院の先生の判断も的確なものでしたが、病院から帰って疑問が出てきてもすぐに相談することができず不安に思っていましたところ、当方の存在を知りました。私のような思いをされる方は、多いと思います。いざという時の心強い味方として知人にも知らせたいと思います。 長野県千曲市 後藤
  • まずは親身になって回答をして頂ける専門家であったこと。説明が簡潔でわかりやすく、質問者が気持ちの整理をしやすい配慮が伺えた。 岐阜県 石川
  • 短時間で的確なアドバイスを受けることができ、かつ、回答に対する質問に対しても直ちに真摯な回答が得られました。 大阪府高槻市 川嶋
  • 専門知識のある経験豊富な方に出会う機会のない人でも、このサイトで実現出来ることは素晴らしいことだと思いました。 専門家が辛抱強く回答をしてくださる姿勢にも感謝いたしました。 茨城県日立市 池田
 
 
 

専門家の紹介:

 
 
 
  • nou-no-moribito

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    36
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/NO/nounomoribito/2014-6-24_125138_名称未設定.64x64.png nou-no-moribito さんのアバター

    nou-no-moribito

    脳神経外科専門医

    満足した利用者:

    36
    国立大学大学院卒業 医学博士 脳神経外科専門医 脳神経血管内治療専門医 神経内視鏡技術認定医 脳卒中専門医 ボットックス治療
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HE/heartDr./2014-7-24_112459_TshirtFemale5B15D.64x64.JPG Dr-KUMA さんのアバター

    Dr-KUMA

    医師

    満足した利用者:

    13
    国立大学病院神経科精神科にて勤務経験あり
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DR/DrGATO/2012-9-30_33757_IMG0715.64x64.JPG Dr_GATO さんのアバター

    Dr_GATO

    医師、医学博士

    満足した利用者:

    2775
    1987年: 山梨医科大学を卒業。米国に留学中。米国のJustAnswerで5137人、96%のプラス評価。米国医師国家試験合格
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/DO/docmmart/motoko.64x64.jpg docmmart さんのアバター

    docmmart

    ER救急医 准教授

    満足した利用者:

    1799
    医師
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/MO/morinomed/2014-1-21_174737_newtshirthe.64x64.jpg Dr.morino さんのアバター

    Dr.morino

    医師

    満足した利用者:

    340
    総合診療医
  • http://ww2.justanswer.com/uploads/HO/horacicurgeon/2015-11-16_288_doctorbanner.64x64.jpg Dr.K さんのアバター

    Dr.K

    医師

    満足した利用者:

    310
    医師、医学博士として、臨床及び研究に10 年以上従事。専門は呼吸器疾患で、特に呼吸器がん(肺癌、悪性胸膜中皮腫など)や喘息、COPDなどの呼吸器良性疾患及び、一般外科、救急医療に関しても精通しております。呼吸器外科専門医、呼吸器専門医、気管支鏡専門医、がん治療認定医、外科専門医、産業医。
 
 
 

神経科 についての関連する質問