JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

20年ほど前より体が傾いていること(肩の高さが違う等)を指摘されてはいましたが、1年ほど前より人から指摘されるほど首が左

解決済みの質問:

20年ほど前より体が傾いていること(肩の高さが違う等)を指摘されてはいましたが、1年ほど前より人から指摘されるほど首が左に曲がるようになり、昨年10月頃からは自分でも苦痛に感じるほど首が左に曲がるようになりました。ひどい時には左肩と左耳がくっつくくらい曲がり、左腰も左に曲がってしまうこともあります。
整形外科ではレントゲンとMRIをとってもらいましたが、骨には異常がありませんでした。
その後、7回ほど整体に通いました。そのせいか、今は一時の傾きに比べると楽になっています。
総合病院の神経内科に行ったところ、「痙性斜頸(ジストニア)」と指摘され、ボトックス注射を勧められています。
他の神経内科にも行きましたが、「体幹ジストニア」と診断され、アーテン錠を処方、次回針筋電図をとる予定になっています。
そこで質問ですが、「脳神経外科」でMRIなどをとって診てもらう必要はありませんでしょうか。
ボトックス注射を打つしか方法はないのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 神経科
質問者: 返答済み 1 年 前.
36861;加です。
現在、服薬中の薬は、
デパケン200mg×2回/日
トレドミン50mg×2回/日
レキソタン2mg×1回/日
です。
よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

実際に相談者様を診察できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、ジストニアふぇ間違いないものと考えられます。

神経内科は脳神経外科の内科版ですので、両診療科を重複して受診される必要はありません。脳のトラブルをご懸念であれば、神経内科の主治医に頭部MRI検査を希望されればよろしいかと存じます。

ジストニアの病歴が長きに及び、服薬によって改善が認められていない(むしろ進行している)ようですから、ボトックスによる治療が事実上唯一の治療手段であると考えます。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
32032;早いご回答ありがとうございました。神経内科が脳神経外科の内科版ということがわかり良かったです。
アーテンの服薬はまだ3日目ですので改善されるかどうかはわかりません。
針筋電図では、ジストニアの状態がわかるのでしょうか。
また、病院を選ぶポイントは何でしょうか。
先週から、「総合病院の神経内科」と「個人の神経内科クリニック」に行っています。
よろしくお願いいたします。

神経科 についての関連する質問