JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14382
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

30代前半の義妹の頭痛についてお尋ねします。 本人に状況を聞きました。以下の通りです。

解決済みの質問:

30代前半の義妹の頭痛についてお尋ねします。
本人に状況を聞きました。以下の通りです。
今月頭によくなる副鼻腔炎の症状が出たので早めに対応しようと 耳鼻科を受診。蓄膿症を疑って聞いたが、問診も自覚症状もカメラで診ても当てはまるような症状がなく、とりあえず抗生剤を処方してもらった。
3日後に、右の頬からこめかみ辺りに、ガーンとした激痛に悩まされたため歯からの痛みかと思い歯科を受診。レントゲンを撮って見てもらい、歯や歯根に問題はなく、歯茎は腫れてるとのことで 耳鼻科の抗生剤が合ってるからそれで対応するよう言われた。
翌日には激しい痛みが無くなったものの、なんとなく痛いので 痛み止めをその後5日位飲んで、何となく治ってきたような感じでいた。
今も耳鼻科から少し弱い抗生剤を処方してもらい飲み続けているが、飲み忘れた時に翌日の夕方から痛み(右こめかみ辺りに重い感じのズキーンといった感じ)が出て、頭痛と吐き気で 体調が悪くなり 痛み止めを服用。寝て翌朝は痛みも減った。このときは副鼻腔炎の症状はなく頭痛のみ。
普段は偏頭痛はなく、痛みに弱いのかもしれないのですが、体がだるすぎて何も出来なって困まる。寝ても起きても痛いが、体のしびれはない。現在飲んでいる薬はクラリジット錠200mgとカルボシステイン錠250mgとのこと。
本人は副鼻腔炎から 頭痛になるのかどうか疑問があり、また痛みの原因がはっきりせず不安であるとのこと。
またこの春から仕事が忙しく、気を張っていることが多かったため、本人はストレスも疑っているようです。お尋ねしたいのは
副鼻腔炎から 頭痛になることがあるのでしょうか。
また、他に確認すること及び原因と思われることはありますでしょうか。
頭の痛みなので、心配でお尋ねします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Dr-K 返答済み 1 年 前.

総合診療医のKKと申します。

副鼻腔炎から 頭痛になることがあるのでしょうか。

回答)あります。

http://www.skincare-univ.com/article/009641/

また、他に確認すること及び原因と思われることはありますでしょうか。

回答)いただいた情報からだけでは他の原因として思い当たるものはありません。頭痛外来がある脳神経外科を受診されてみてはどうでしょうか。

質問者: 返答済み 1 年 前.
20182;の原因として思い当たるものはないとのことですが、現状では副鼻腔炎が原因である可能性が高く、大事ないとのお考えでしょうか。
そして気になるならば頭痛外来を受診することも考慮するでいいということでしょうか。
どの程度この状態が続いた場合、頭痛外来等ほかの可能性を考えた方がいいか目安とするところがありましたら教えてください。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

Dr-Kがオプトアウトされたようなので回答を引き継ぎます。

実際に義妹様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、私も、ご記載を拝読する限りは、副鼻腔炎が原因の頭痛の可能性が高いと考えます。しかしそれは、他の原因が考えられないというわけでもなく、他の原因を示唆する材料が、ご記載内容からだけでは得られないからです。前回答者が「いただいた情報からだけでは他の原因として思い当たるものはありません」と述べたのはそういう意味でしょう。

抗生物質は痛み止めとは異なり、飲んですぐ効く・飲み忘れると効果がすぐに無くなるというようなお薬ではありませんから、「抗生剤を処方してもらい飲み続けているが、飲み忘れた時に翌日の夕方から痛み(右こめかみ辺りに重い感じのズキーンといった感じ)が出」るといったようなことはありません。

「問診も自覚症状もカメラで診ても当てはまるような症状がな」いわけですから、義妹様が副鼻腔炎に罹っていてそのために頭痛が起きていると考える根拠が無いと思います。

「どの程度この状態が続いた場合、頭痛外来等ほかの可能性を考えた方がいいか目安とするところがありましたら教えてください」とのことですが、副鼻腔炎を前提とした抗生物質による治療を継続する意味がありませんから、連休明けすぶにでも頭痛外来を受診されるべきでしょう。

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
29483;山先生、回答ありがとうございました。
義妹より頭痛外来を受診するに当たり、お尋ねします。
今現在、先日の頭痛の症状がなく クリアです。このような状態で受診しても大丈夫でしょうか。
痛いとき(症状が現れている時)に、診てもらわないと診察しにくい、診断出来ないというようなことはありませんでしょうか。
よろしくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

「今現在、先日の頭痛の症状がなく クリア」なのであれば、どこも受診をする必要は無いと考えますが……。

また痛くなったら、頭痛外来を受診されてはと思います。

猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14382
経験: 医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12414;た痛みが出たときは、頭痛外来を受診するようです。
ご説明よくわかりました。
ありがとうございました。

神経科 についての関連する質問