JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14345
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

はじめまして、現在28歳の娘が帯状疱疹を発症し約2ヶ月が経とうとしています。

解決済みの質問:

はじめまして、現在28歳の娘が帯状疱疹を発症し約2ヶ月が経とうとしています。
治療は、薬物治療でトラムセット・リリカ・トルプタノールを処方され、硬膜ブロック注射の治療後
カテーテルを入れ、痛みの緩和治療を始めたのですが、感染症のためその治療も出来なくなり、
現在は、内服薬と痛み止めにて治療を維持していますが、帯状疱疹後痛が酷く
担当医からは、痛みは今後も残るだろうと言われました。
今後、痛みはこれ以上緩和できないのでしょうか?
そして、これ以上治療の方法はないのでしょうか?
現在、うつ病も患っており、夜 イフェクサー75mg 1錠 セロクエル 125mgを服用しております。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

【情報リクエスト】

こんばんは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

①いま現在、お嬢様には疱疹が残っていますか? 現在の診断は「帯状疱疹」ではなく「帯状疱疹後神経痛」なのではありませんか?

http://matome.naver.jp/odai/2142879521505161901

②「感染症のためその治療も出来なくなり」というのはどういう意味でしょうか。もう少し詳しく教えて下さい。

③現在何科で治療を受けられているのでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
26089;々のご返答ありがとうございます。
疱疹は残っておらず、
帯状疱疹後痛と麻酔科医の先生から言われました。現在 総合病院の麻酔科にて治療中です。6月上旬位から週3回のブロック注射をしていてだいていたのですが、一向に痛みが取れず
カテーテルで麻酔を常時入れて痛みの緩和をするということで、7月1日から入院治療を始めました。カテーテル挿入の際
もしかすると、感染症にかかるかも知れないと説明を受けたのですが、やはり3日後位に感染症を発症してしまいました。
感染症になるとカテーテルでの痛みの緩和及び硬膜ブロック注射での痛みの緩和の治療は継続出来ないと説明されました。
(注射針を身体に入れることは避けた方がいいようなことを言われました)
現在は、帯状疱疹後痛の治療のためのトラムセット・リリカ・ノイロトロピン・トリプタノールの内服と感染症の治療のための
抗生物質の点滴の投与とロキソンニ等の痛み止めの服用をしておりますが
一向に改善が見られない状態で仕事も退職せざるをえなくなった状態です。現在、3日間位から吐き気、体のだるさを訴えており、トリプタノールの副作用が出ているのではと心配しております。現在、イフェクサーとセロクエルを服用しておりますが、トリプタノールの代わりにサインバルタは効果多少期待できます出来ますでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

おはようございます。

ご返信ありがとうございます。

帯状疱疹後神経痛は帯状疱疹の原因ウイルスによって神経が傷つけられることで生じる痛みで、帯状疱疹後神経痛にまで発展してしまうと残念ながら完全な除痛は困難ですが、最近ではこの神経痛に効くお薬がいくつか開発されています。

その治療薬が、リリカ、サインバルタ、三環系抗うつ薬(トリプタノールはこれに含まれます)や抗てんかん薬の一部が帯状疱疹後神経痛の治療に用いられます。強い痛みに関しては神経ブロック注射が行われることもあります。

お嬢様は既にこれらのお薬を用いた治療が行われています(サインバルタはトリプタノールと作用機序は同じで、しかしトリプタノールよりも鎮痛効果は低いと言われています。副作用はすくないのですが。サインバルタとエフェクサーはSNRIと呼ばれる同種のお薬でもあります)。

その意味でお嬢様は適切な治療を受けておられますし、硬膜外鎮痛法(http://medical.jms.cc/diagnosis/ifp/pca/02.html)までもが試みられていますから、手は尽くされているように思われます。

私の知識が及ぶ範囲で、残されている治療法は「電気痙攣療法」くらいだと考えます。

http://www.jspc.gr.jp/gakusei/gakusei_cure_05.html

以上、ご参考になれば幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
36820;信ありがとうございました。やはり、これ以上の治療効果は望めないんですね先生が、教えてくださった電気痙攣療法は、麻酔科でも出来るのでしょうか?
効果は、どの程度のものなのでしょうか?あとイオントフォレーシス 治療はどんなものなのでしょうか?
保険適用外と聞いているのですが、
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

イオントフォレーシス療法は以下のような治療法です。

https://www.dermatol.or.jp/qa/qa32/q10.html

一部の医療機関で帯状疱疹後神経痛にも用いられますが(http://www.kawata-cl.jp/html/case1.html)、その効果が神経ブロック注射を超えることはないと思います。

電気痙攣療法が行われているかどうか(そのための装置・設備があるかどうか)、何科で行われているかどうかは医療機関ごとに異なります。

もともと精神科疾患に対して用いられていた治療法ですので、精神科が装置を持ち、麻酔科の協力を得て手術室で全身麻酔科で行われる場合が多いと思います。

麻酔科が主導している医療機関もあります。

例:http://www.hosp.med.osaka-cu.ac.jp/departments/27-masuika.shtml

今申し上げても詮無いことですが、帯状疱疹後神経痛に至ってしまうと残念ながら完全な除痛は困難ですので、近年では、帯状疱疹の間に神経ブロック注射を含めた積極的な除痛治療が必要であると考えられるようになってきています。

https://www.ntt-east.co.jp/kmc/guide/painclinic/05.html
http://medicaldataarchive.blog.fc2.com/blog-entry-125.html

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;丁寧な回答ありがとうございました。
このような状態になってしまうとなかなか治療は難しいのですね・・・・感染症にかかってしまった場合、感染症が治ったとしても
硬膜外ブロックやカテーテル治療は出来ないものなのでしょうか?私ども、現在新潟県の上越地方に住んでいるのですが、電気痙攣療法を行っている
医療機関を先生ご存じないでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

> 感染症にかかってしまった場合、感染症が治ったとしても
> 硬膜外ブロックやカテーテル治療は出来ないものなのでしょうか?

そのようなことはありません。

ただ、リスクに比して効果が期待できないので神経ブロック注射はもう行わない、というニュアンスなのではないかと愚考いたしますが……

> 私ども、現在新潟県の上越地方に住んでいるのですが、電気痙攣療法を行っている
> 医療機関を先生ご存じないでしょうか?

病院紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、大多数の専門家は特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の全ての病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相 談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、 こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレーム を受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
JustAnswerは病院紹介サイトではありません。これに関してはご了承いただけますと幸いです。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12372;丁寧な回答ありがとうございました。簡単には、治らない病気と覚悟していましたが、
少しでも娘の体調が良くなるよう、現在の治療を続けていきたいと
思っております。痛みは、時間が経てば今よりは少しはよくなるでしょうか?
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

痛みのワインドアップ現象のために、痛みが慢性化する可能性が大です(おそらくお嬢様の現在の状態はそれが関与している可能性が高いと思います)。

http://www.tvk.ne.jp/~junkamo/new_page_7.htm

痛みがあるまま時が過ぎれば悪化の一途をたどる可能性もあります。

ご賢察の通りも現在の治療は継続されるべきでしょう。

猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問