JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14290
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

44歳男性です。先日、右目の下半分が急に見えなくなりました。ギラギラ光って、下半分が灰色に見えなくなる感じでした。症状は

解決済みの質問:

44歳男性です。先日、右目の下半分が急に見えなくなりました。ギラギラ光って、下半分が灰色に見えなくなる感じでした。症状は3分から5分で引いて行き、見えるようになりました。昨年4月に気管支のう胞で開胸手術をしており、その日のうちに執刀医に相談したところ、目の症状なのでまずは眼科を受診するように言われ受診しましたが、何も異常はありませんでした。3日後に脳神経外科を受診し、「症状が引いているのでおそらく何も映らない」と言われましたが、MRIを撮ってもらい、やはり異常は見つかりませんでした。「おそらく脳梗塞の前兆で、明日発症するかもしれないから、すぐにタバコをやめて、その他のリスクもできるだけ減らすように」と言われました。タバコは1日10本程度でしたが、その日のうちにやめました。なお、15年ほど前から、閃輝暗点(虹色のギザギザ)は出るようになっていて、以前は数年に1度忘れたころに出ていたのが、ここ2年ぐらいは仕事上のストレスが急に増えたことと連動しているのか、間隔が短くなっており、最近は週に2回ぐらい、ひどい時は立て続けに2回出ることもありました。閃輝暗点は、出るだけで頭痛を伴わないため、病院に行ったことはありません。今回の症状は、光っている色は似ていますが、いつもの中央の虹色の点が徐々に広がっていくのと違い、突然視界全体が光り出して、よくみると右目の下半分が見えていないというものでした。この症状以降、普段はない立ちくらみが多かったり、普段はない肩こりが続いているのと、寝ても疲れが取れない気がします。血圧は、上105~120 下70~80ぐらいで、それほど高いわけではありません。今後、何科を受診して、どのように対処するのが望ましいでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

【情報リクエスト】

こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

ご質問いただき誠にありがとうございます。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、相談者様が呈されたのは一過性脳虚血による黒内障だと思われます。

http://www.mayuzumiganka.com/eye-disease/amaurosis_fugax/

https://medicalnote.jp/contents/150609-000003-GCECGZ

まさに「脳梗塞の前兆」です。

受診すべき診療科は脳神経外科です。

①相談者様は既に脳神経外科を受診されていますが、「明日発症するかもしれない」と判断されたにもかかわらず抗血小板薬や抗凝固薬は処方されなかったのでしょうか? MRI検査を受けられていますが、脳の血管の様子を描出するMRA検査は行われませんでしたか(MRI検査と同時に行えます)?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。

※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

質問者: 返答済み 1 年 前.
12371;んにちは。さっそくのご回答ありがとうございます。脳神経外科では、薬は何も処方されませんでしたし、MRA検査もおこなわれませんでした。MRIを撮って、やはり異常はないと言われただけで、血液検査も血圧をはかることもなく、タバコをまずやめろということのみでした。先に受診した眼科医の方は、大きい病院を紹介することもできるが、症状が引いているのでわからない可能性が高い。薬を出すこともできるが、副作用が強いため、現時点では出さない方がいいと思うと言っていました。よろしくお願いします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

ご返信ありがとうございます。

シンプルな回答になりますが、眼科医に大きな病院の脳神経外科を紹介してもらい、受診されるべきであると考えます。

服薬については、まず脳血管の状態の適切な評価を受けてから、メリットとデメリットを秤にかけて、その時に決められるのがよいのではないでしょうか。

明日にも脳梗塞を発症するかもしれない状態であれば、私であれば多少の副作用は我慢してお薬を服用すると思います。

実際、抗血小板薬や抗凝固薬(いわゆる「血をさらさらにする薬」)の副作用は、出血時に血が止まりにくくなることくらいですが。

以上、ご参考になれば幸いです。

猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
12354;りがとうございました。ここまでのやりとりをプリントアウトして、会社近くの病院へ持ち込んで、大きな病院への紹介状を書いてもらいました。

神経科 についての関連する質問