JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

数ヶ月ほど前から、左の腕から足にかけて、軽いしびれがあります。麻痺とかでは全くなく、疼痛というほどのものではないので

解決済みの質問:

数ヶ月ほど前から、左の腕から足にかけて、軽いしびれがあります。麻痺とかでは全くなく、疼痛というほどのものではないのですが、最近では、椅子に座って仕事などをしているときに、左足の大腿部の辺りが少し辛くて、立って伸ばしたりすることもあります。肩こりもやや慢性化していて、特に左は凝っていると感じます。パソコン等で資料等を作ったり、作業をするせいかと思っておりましたが、運動をしてもなかなか改善されません。
最近の変化としては、左耳で、血管の鼓動を感じることがしばしばあります。
受診する場合には、脳神経外科になりますでしょうか? また疑われる原因など教えていただければ幸いです(頸椎部のヘルニアではないか、と想像しているのですが・・・)。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。ご質問いただき誠にありがとうございます。 実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、ご記載を拝読する限り、ご賢察の通り、頚椎のトラブルである可能性が高いと私も考えます。 頚椎の疾患では初期には上肢の感覚障害が前面に現れますが、進行すると下肢にも症状が現れるようになります。http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223626581.jpg↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑ 【病気の説明|頚椎椎間板ヘルニア・変形性頚椎症・頚椎後縦靭帯骨化症・頚部脊柱管狭窄症】http://kubi-shibire.com/exp/exp.html ただ、「座って仕事などをしているときに、左足の大腿部の辺りが少し辛」いという症状の変化の仕方は、腰椎の疾患に特徴的なものです。日常生活の中では体位によって腰椎や椎間板にかかる圧が異なり、立位より座位でより高い圧(約1.5倍)が加わり、神経根の圧迫も増すからです。あるいは、頚椎と腰椎の両方に何事かが起きているのかもしれません。 脳神経外科でも対応可能な医師はいますが、この場合は脊椎・脊髄の専門性が高い整形外科を受診されるのがよろしいかと存じます。骨の中を脊髄が通る脊椎は、専門性が高い領域だからです。 下記のサイトから、日本整形外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。 【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html 以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
猫山先生
早速のご教示、どうも有難うございました。
ご教示の通り、脊椎・脊髄の専門医の方にかかるように致します。
原因の想像がつき、安心致しました。重ねて感謝申し上げます。

神経科 についての関連する質問