JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

宜しくお願い致します。 平成28年1月8日コンクリート階段(8段)から転倒し右第5中足骨骨折。オペをせずギブス(最

解決済みの質問:

宜しくお願い致します。
平成28年1月8日コンクリート階段(8段)から転倒し右第5中足骨骨折。オペをせずギブス(最中巻き)を足先から腓骨までまいていました。(平成28年1月8日~平成28年2月29日)
その後理学療法士によるリハビリ(関節可動域訓練・筋力訓練・軟部組織モビリゼーション等)を実施していますが、右足垂れ足の改善がありません。とても不安です。
現在通院している病院の医師は3月で異動され次回診察は新しい先生です。リハビリ担当も23歳の若い方です。正直セカンドオピニオンを考えていますが、このような不安を抱えている時はどのように解決していけばよいですか?
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【情報リクエスト】こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。ご質問いただき誠にありがとうございます。 ①受診されたのは、整形外科でしょうか? どれくらいの規模の医療機関でしょうか? MRI検査は行われていますか? まず以上、確認させていただけますと幸いです。※回答は夜明け以降になるかもしれません。ご了承ください。   【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
猫山先生、ありがとうございます。ご質問の回答は下記です。
① 受診は整形外科です。
② 規模は『整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科』があります。MRIは撮っていません。骨折後3回レントゲン撮影後診察がありました。
ギブスをはずした時に、先生に「右足首が動かないんです。。。足の指はグーパーは出来ますが、足首は下に下げられますが、
上に動きません。脛の部分が痺れています」とお話ししました。先生は「ギブスが腓骨に当たっていたのかもしれませんね。寝ている時に
同じ方向をずっと下にしていると神経を圧迫することがあります」とおっしゃっていました。
お忙しい所宜しくお願い致します。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 典型的な腓骨神経麻痺の症状を呈されているように思われます。https://www.joa.or.jp/jp/public/sick/condition/peroneal_nerve_palsy.htmlhttp://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/13souhikotusinkeimahi.html↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑ ②相談者様の症状は、上記2サイトの内容に合致するでしょうか。 ③「腓骨神経麻痺」の可能性について、整形外科主治医、理学療法士から示唆されたことはありますか? 以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
猫山先生
ありがとうございます。
② 症状は2サイト表示内容です。
③ 3回目の診察で麻痺症状をお伝えした時に「腓骨神経麻痺」を示唆されました。
その時に理学療法士のリハビリと並行して物療治療を実施していくこと説明して下さり同意しました。
物療治療は2回実施しましたが、まだ症状に変化ありません。骨折は現在体重の20%を患側にかけて杖歩行しています。自宅でセーフス(テイジン)治療を実施しており、痛みはありません。以上、宜しくお願い致します。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【回答】おはようございます。ご返信ありがとうございます。 腓骨神経麻痺は末梢神経障害ですので、治ります(「必ず治ります」「100%治ります」と申し上げないのは医学に100%はないからです)。脳や脊髄といった中枢神経は一度損傷すると治りませんが、末梢神経は再生能力があるからです。 ただし、腓骨神経のような太い神経が、ご記載のような強い麻痺を起こすほど障害された場合、回復までには3~6ヶ月程度かかることが大半です。メチコバールのようなビタミンB12製剤(神経再生を促す働きがありますを併用して、心なしか回復が早まる、といった程度です。従いまして、リハビリテーションを2回行っただけの現時点では、変化はあまり実感できないでしょう。 とはいえ、ご不安はお察しいたします。病名告知が遅かったことと、予後予測が示されていないことがその主な理由かもしれません(ギプスの合併症なので、あまり触れたくなかったのかもしれませんが……)。「このような不安を抱えている時はどのように解決していけばよいですか? 」とのご質問ですが、体制は整っているようですから現在の病院での治療は継続され、一方で紹介状を作成してもらって神経内科でセカンドオピニオンを受けられてはと思います。神経伝導速度測定を行えば神経の障害の程度がわかりますし、リハビリテーションの進行に合わせて何度か検査を受ければ、神経の快復度を客観的に知ることもできます。http://karadanote.jp/18008http://www.okayama-u.ac.jp/user/hos/kensa/nou/NCV.htm あとはやはり、主治医に、治療方針と予後予測(いつ治ると見込まれるか)を確認されることだと思います。 以上、ご参考になれば幸いです。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
少しでもお役に立てたのであれば幸いです。 どうかお大事になさって下さい。 システム上での評価をお願いいたします。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
猫山先生
ありがとうございました。とても参考になりました。次回診察の時に新しい担当の先生に伝えます。
猫山先生の評価も行います。
追伸
私ごとですが、初めて利用させて頂きました。素早い対応に驚いております。また的確なアドバイスを頂き安心しています。
現在子供が浜松医大5年生で医学の道を志しております。猫山先生のようなドクターになってくれたらいいな、と思っております。
また御縁がありましたら宜しくお願い致します。
ありがとうございました。

神経科 についての関連する質問