JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14293
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

帯状疱疹神経痛でペインクリニックに行き、腹、背中への皮膚へのブロック注射、首への星状神経節への注射、背中からの硬膜外

解決済みの質問:

帯状疱疹神経痛でペインクリニックに行き、腹、背中への皮膚へのブロック注射、首への星状神経節への注射、背中からの硬膜外への注射をしていますが、腹と背中のちくちくした痛みが治りません。帯状疱疹は昨年の5月に発病して、ペインクリニックに行ったのは12月末です。リリカ50mgを夜に飲んでいます。最近が、後頭部、特に首筋がとても凝っていて、イライラします。ブロック注射は続けた方がいいでしょうか?他に治療方法があったらアドバイスをお願いします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。ご質問いただき誠にありがとうございます。 帯状疱疹後神経痛は、帯状疱疹の原因ウイルスによって、神経が傷つけられることで生じる痛みで、帯状疱疹後神経痛にまで発展してしまうと残念ながら完全な除痛は困難ですが、最近ではこの神経痛に効くお薬がいくつか開発されています。 【帯状疱疹後神経痛】http://matome.naver.jp/odai/2142879521505161901↑↑↑クリックしていただくと説明ページが開きます↑↑↑ 具体的には、リリカ、サインバルタ、三環系抗うつ薬や抗てんかん薬の一部が帯状疱疹後神経痛の治療に用いられます。 薬物療法以外では、神経ブロック注射がしばしば用いられます。星状神経節ブロックや硬膜外ブロックで効果が得られないのであれば、選択的神経根ブロック注射ができないか、主治医に確認されてみてはと思います。 また、 神経障害性疼痛(いわゆる神経痛)の治療薬であるリリカ(成分名:プレガバリン)ですが、うまく使いこなされていることは稀なお薬です。この お薬の用法・用量は「通常、成人は初期用量としてプレガバリン1日150mgを1日2回に分けて経口服用し、その後1週間以上かけて1日用量として 300mgまで漸増する。な お、年齢、症状により適宜増減するが、1日最高用量は600mgを超えないこととし、いずれも1日2回に分けて経口服用する」ですが、有効用量の1日 300mgまで用いられていることはほとんどありません。相談者様の場合も、リリカを1日50mgしか服用されていないとのことですから、効くわけはない用量です。リリカの増量、その後に他剤の併用についてお願いするべきでしょう。 以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.
回答をありがとうございます。
ご回答の中での再質問です。1.選択的神経根ブロックとは、具体的に何ですか?
痛みのある腹、背中への局部麻酔ブロックのことですか? 3/11(金)に腹の痛みのあるところへ、注射をしてももらいましたが、当日の
夜、および昨夜は、痛みがひどくまったく注射の効果がありませんでした。この注射とは別の意味ですか?ブロック注射をしても効かないため
痛みの発生のメカニズムがわからず不安です。今、通院しているペインクリニックの医師は高齢で、何か聞いても返事がなく説明がほとんどな
いため余計に不安になってしまします。
2.リリカについて
①「うまく使いこなされていることは稀なお薬です。」の意味がわかりませんが、良い薬という意味でしょうか?
②リリカは、神経痛には、画期的な新薬らしいですが、副作用で、めまいやふらつきがあるそうですね。3か月間、リリカの75mgを夜に1    回/1日飲んでいました。12~2月に掛けて、めまいとふらつきがあり、リリカの副作用ではないかと思われました。
③リリカは、多くの量を飲み続けたり、長い期間(6か月以上)の飲み続けると、辞める時に禁断症状が出るとネットで見ました。
ご回答のように150mgを2回に分けて飲んで痛みを抑えて、副作用は大丈夫でしょうか?多量の服用に対して怖さを感じます。
3.現在、リリカと併せて、「エペリゾン塩酸塩錠50mg 日医工」 1日3回1錠を飲んでいます。首の凝りの緩和のため。
よろしく回答をお願いします。   清水英緒
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 選択的神経根ブロックは、「治療だけでなく、疼痛の再現性を確認することにより、診断の一つにも用いられます。ブロック直後はほとんどの場合疼痛が消滅しますが、穿刺時の痛みが強 く、神経根損傷の可能性も有るため、漫然と頻回に施行することはありません。神経根ブロックの著効例では、一度のブロックで数ヶ月以上の効果が得られ、その後再発もない症例も有りますが、無効例では局所麻酔薬の作用時間(約1時間)程度の効果しか得られません」(引用:http://www.tmg.gr.jp/hokensinpou/030301-zakotusinkeitu.html)。←この引用元は坐骨神経についてのサイトですが、他の疾患にも援用可能な説明です。選択的神経根ブロックは、もっとも効果が高く、しかしもっとも難易度が高い神経ブロック注射の技法です。 > ①「うまく使いこなされていることは稀なお薬です。」の意味がわかりませんが、良い薬という意味でしょうか?使いこなせば良いお薬です。「画期的」とまではいきませんが、従来薬に比べて高い効果が証明されています。 > ②リリカは、神経痛には、画期的な新薬らしいですが、副作用で、めまいやふらつきがあるそうですね。> ③リリカは、多くの量を飲み続けたり、長い期間(6か月以上)の飲み続けると、辞める時に禁断症状が出るとネットで見ました。⇒どちらもその通りです(依存が生じる確率は高くはないと言われていますが)。副作用のためにリリカを有効用量まで増量できなかったということなのだと思いますが、有効性が期待できない現在の用量を漫然と使用することには、依存が生じるリスクしかありません。服用を継続する意義は希薄であるように思われます。テグレトールやトリプタノール、サインバルタ、トラムセットといった、他のお薬を使用されるべきでしょう。ただし、どのお薬にもそれぞれ、副作用はあります。  以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
ご丁寧な回答をありがとうございました。リリカの薬について、方向性がわかりました。
ブロック注射は、週一回くらい続けた方が有効なのでしょうね。
ありがとうございました。

神経科 についての関連する質問