JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 総合診療医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 796
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

友人の病状です。2015年11月に肺腺癌と脳へ転移した脳腫瘍で入院し、治療中です。放射s年と抗がん剤治療で、脳腫瘍は

質問者の質問

友人の病状です。2015年11月に肺腺癌と脳へ転移した脳腫瘍で入院し、治療中です。放射s年と抗がん剤治療で、脳腫瘍はほとんどなくなりましたが、入院前からあった顔の痺れが消えません。顔前面全体に痺れと、さわるとピリピリするのと、物を噛む力がなく、蕎麦も噛み切れません。病院では、脳腫瘍が消えたあとも、痺れは治らないと言われたそうですが、なんとか治療法はないのでしょうか?固形物が食べられず、体力が回復しません。現在は、肺腺癌の抗がん剤の新薬を投与しながら、入院して治療中です。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Dr-K 返答済み 1 年 前.
総合診療医のKKと申します。
残念ながら、放射線治療によって顔面の感覚を司る三叉神経、運動を司る顔面神経が障害されてしまったものと思われます。
こうした、放射線性神経障害には、残念ながら治療法はありません。

神経科 についての関連する質問