JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14384
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

右足の小指が朝からしびれています。しびれは、正座をした後のようなしびれです。 年齢は50歳。最近健康診断で、高脂血

解決済みの質問:

右足の小指が朝からしびれています。しびれは、正座をした後のようなしびれです。
年齢は50歳。最近健康診断で、高脂血症と診断され、頸動脈の検査で、一部に
プラークが見られたため、薬を3日前から飲んでいます。
父は、77歳で脳梗塞になりました。
何か脳の病気に関係していますでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
おはようございます。猫山と申します。神経内科医です。

痺れている部位が限局していますから、脳梗塞を含めた脳の疾患によって起きている症状である可能性は低いと思います。

少し補足情報を下さい。

①右足の小指に冷感や変色はありますか?

②腰を悪くされたことはないでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.

解答ありがとうございます。

頂いたご質問については以下のとおりです。

①ないです。

②以前椎間板ヘルニアで、時々今回とは逆の足のすねあたりに

軽いしびれを感じたことはあります。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

下肢に痺れや痛みがある場合、神経性の病態と血管性の病態を想定する必要があります。

相談者様の場合、血行不全を示唆する足の冷感がないことから、まず血管性の病態(足の血管が狭くなったり詰まることによって起こるしびれ・痛み)は否定的です。

次 に、神経性の痺れの場合も、痺れている足の神経に問題があるのか、それよりも上流(脊髄や脳)に問題があるのかを考えなければなりませんが、相談者様の場合は、前述したように痺れの部位が限局していること、また、
椎間板ヘルニアもおありであることから、腰椎のトラブル による下肢の感覚障害の可能性を第一に考えます。
脊髄から、腰椎や仙椎の間を通って足に伸びてくる神経の根が圧迫されることで、足の痺れや痛みが現れている可能 性が高いということです。

感覚障害が生じている場所から逆引きしますと、 第5腰髄神経(L5)~第1仙髄神経(S1)に圧迫が及ぶような何らかの腰椎のトラブル(例:椎間板ヘルニア)が想定されます(足のすねはL5、小指はS1が感覚を司ります)。

http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223624414.jpg


↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑


骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です(脳神経外科でも扱われる領域です)。改めて脊椎脊髄専門医を受診され、診察を受けられることをお勧めいたします。

下記のサイトから、日本整形外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。

【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】

以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問