JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

70才の男性です。60才の時にパーキンソン病と診断され、現在は毎食後に薬(メネシット100mg×2+ビ・シフロール0

解決済みの質問:

70才の男性です。60才の時にパーキンソン病と診断され、現在は毎食後に薬(メネシット100mg×2+ビ・シフロール0.5mg)を服用して病気の進行を抑えています。
経年とともに手足の震えのほか、筋肉の固縮も目立ち、散歩や簡単なパーキンソン体操などをすることで対応しています。
特に夕刻近くには、2時間ほどウエアリングオフと見られる体のダルさに見舞われ手足や腰に力が入りにくく動くのが億劫になります。それ以外は動作が緩慢ながら日常生活には支援を必要としておりません。
かかりつけ医(内科が専門)に薬を増やすべきかと聞いたところ、ニュープロパッチ4.5mgの貼り薬が24時間効くとのことで処方され、2週間ほど様子を見ようと言われました。
比較的新しい薬のようですが、①今までの薬を服用しながら貼って様子を見ればよいですか。
また、②24時間効くということは、ウエアリングオフの時間帯がなくなるか短くなると考えてOKですか。③服用にあたっての注意事項がありますか。
以上、よろしくおねがいいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。
「病気の進行を抑え」ることができる抗パーキンソン病薬はありません。すべて対症療法ですので、病状は進行します。
1. ①~③のご質問に関する主治医の見解を教えて下さい。
2. 神経内科を受診されず、非専門医を受診されているのはなぜですか?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.
さっそく有難うございます。
1年ほど前から地域拠点病院の専門の神経内科で主治医として半年ほど見てもらいました。
処方が決まり、以後はかかりつけ医で見てもらって、病状が進展したらかかりつけ医の紹介状を持って外来に来るようにとなったものです。
近くに神経内科の専門病院がなかったが、内科でも基本的な対応は可能とのことでした。
したがって①②③に関する主治医としての見解まだありません。
一般論として張り薬の評価・効果を教えていただきたいと思います。
それとも、元の主治医に外来で見てもらってから使用すべきですか。
よろしくお願いいたします。
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
ニュープロパッチは「ドーパミン作動薬」と呼ばれるカテゴリーのお薬です。
現在服用されているビ・シフロールと、効き方の面では同じだと言えます。
貼り薬で、少しずつ血中に溶け出して長時間にわたってビ・シフロールと同じ作用を発揮するお薬だとお考え下さい。
①今までの薬を服用しながら貼って様子を見ればよいですか。
⇒それで問題はありません。少なくとも、飲み合わせの悪さはありません。
②24時間効くということは、ウエアリングオフの時間帯がなくなるか短くなると考えてOKですか。
⇒基本的には。しかしウェアリング・オフではなく、「オン・オフ現象」は、ニュープロパッチのような徐放剤でも効果はありません。
http://www.geocities.jp/applereaderpage/iryou/wearingoff.html
③服用にあたっての注意事項がありますか。
⇒ビ・シフロールで問題が無いのであればニュープロパッチでも問題はありません。
しかし、新たなお薬の開始は専門医にかかられて、その指示で行うべきだと思います。
以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.
早いアドバイス有難うございました。
かかりつけ医は本病気の非専門医ですが、こちらから「最近貼薬でいいのが出たようですが・・・」と聞いたところ、その場で電話で問い合わせしてくれてニュープロパッチを処方してくれたものです。
せっかく紹介してくれた貼薬ですが、猫山先生のアドバイスにあるように紹介状を作成してしてもらって、元の主治医に現況を見てもらってからにしたいと考えます。
ありがとうございました。

神経科 についての関連する質問