JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
Dr-Kに今すぐ質問する
Dr-K
Dr-K, 総合診療医
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 837
経験:  2013年医学部卒。初期研修を終えて、現在は総合医診療科に身を置いています。
89836600
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
Dr-Kがオンラインで質問受付中

腰部脊髄狭窄症と判断されました。痛み止めの投薬中です。かかりつけ医の先生からは、手術をするか、このままリハビリを続け

解決済みの質問:

腰部脊髄狭窄症と判断されました。痛み止めの投薬中です。かかりつけ医の先生からは、手術をするか、このままリハビリを続ける方向で様子をみる。しかし、手術は避けたいとの事です。今、私の症状は「腰・臀部・太股・下肢」部が痺れ、座るにも痛く日々困っております。
そこで、先生方にお尋ねしたくご教示頂ければ幸いです。
乱文お許し下さい。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  Dr-K 返答済み 1 年 前.
総合診療医のKKです。
主治医が手術を避けたい理由を教えていただけますか?
質問者: 返答済み 1 年 前.
手術をしても完治するとは断言できない。個人差も有るが?
質問者: 返答済み 1 年 前.
主治医からは、この状況で暫く様子を見て又、自分自身がとても手術を望むなら「紹介状」を作成するとの事です。詳細な事は聞いておりません。
質問者: 返答済み 1 年 前.
電話では今回、止めておきます。
質問者: 返答済み 1 年 前.
メールにて、お聞かせください(出来る範囲で)特にリハビリについては、どうでしょうか。良いと思われるリハビリが有れば、教えて下さい。
質問者: 返答済み 1 年 前.
今のところ、以上です。
専門家:  Dr-K 返答済み 1 年 前.
あなたは典型的な「腰部脊柱管狭窄症」を呈されているものと思われます。
歩行困難が著しいようですから手術適応です。遅すぎるくらいでしょう。
このまま対症療法を続けていても進行する一方です。
すぐにでも紹介状を作成してもらい、手術ができる病院に移るべきです。
Dr-Kをはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問