JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

3年位前から右手小指が痺れ始め、最近では痺れと痛みが強くなってきました。 1年前に整形外科でMRIで頚椎ヘルニアか

解決済みの質問:

3年位前から右手小指が痺れ始め、最近では痺れと痛みが強くなってきました。
1年前に整形外科でMRIで頚椎ヘルニアからと診断され、セカンドオピニオンの整形外科病院では
頚椎ヘルニアではないと診断されました。
現在針灸治療や整体治療を受けてますが、一向に痺れ痛みが改善しません。
どのような治療を受ければよいのでしょうか。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんばんは。猫山と申します。神経内科医です。
診断あっての治療法です。
セカンドオピニオンを受けた整形外科で告げられた診断名を教えてください。
そのセカンドオピニオンを受けて、最初の整形外科ではどのような治療方針の変更が行われたのでしょうか?
まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミングによって回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.

昨年の8月に最初の整形外科で推間板ヘルニアの手術を受けたときに、

小指の痺れを診察してもらいました。MRI写真を撮り頚椎ヘルニアと診断され、切開手術するように言われましたが、手術は拒否しました。

今年の6月に近隣の整形外科病院でMRI写真データーを持ってセカンドオピニオン(東京小岩の整形外科病院)に行き、なおかつ、その病院で細部のCT画像を撮り、2回目の診察を受けた時に「小指の痺れ痛みは頚椎からではない」と言われ、その日は痛め止め薬2週間分を貰いましたが、診断名は言われませんでした。

その後インターネットで自分の病名を調べ「中部管症候群」かと思い、東京銀座の針灸院で電気針の治療を6回(週1回)受けましたが、一向に改善しませんでした。

現在は、整体院で小指の痺れと腰痛の治療に20回位(週3回)受けています。腰痛は改善されてますが、小指の状態は改善されません。

今の痺れと痛みは、朝から午前中は軽いのですが、午後からは痛みが増し

小指のほかに肘や脇の下が痛いときがあります。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
小指が痺れるという症状は肘部管症候群の症状として矛盾するものではありません。これは尺骨神経という神経の圧迫によって生じます。
http://kotoseikeigeka.life.coocan.jp/11chubukan.htm
その尺骨神経の「上流」に当たる第8頸髄神経が圧迫される頸椎疾患(椎間板ヘルニアを含む)でもやはり、小指の痺れは起こります。
http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223626581.jpg
前述しましたように、診断が決まらなければ治療方法も決まりません。
ご記載を拝読する限り、相談者様は、セカンドオピニオンを受けられたのではなく、転院されたということですか?
以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.

ご回答ありがとうございます。

2回目の質問に回答します。

セカンドオピニオンのつもりで受診したのですが、診断名を言われず、

「小指の痺れは頚椎からではない」と診断されたので、受診をやめたのです。

MRI画像からでは第4.5頚椎の間が圧迫されてるようです。

これから専門医に受診出来ればと思いますが、病院の何科に受診すればよいでしょうか?

なお、私は茨城県石岡市内に住居なので、近隣の専門医をご紹介願えれば

と思います。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。
肘部管症候群と頸椎のトラブルとでは、受診すべき整形外科の専門性が全く異なります。それぞれ、手の外科、脊椎・脊髄専門医にかかられるべきです。
深刻度の順に、脊椎→手、でしょう。
下記のサイトから、日本整形外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。
【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】
http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html
そこで頸椎の異常が認められなかった場合は、手の外科の専門医を受診されてください。
【日本手の外科学会 専門医一覧】
http://www.jssh.or.jp/ippan/senmon/senmoni-meibo.html
以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問