JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14311
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

昨日朝から右足大腿部に痛みを感じます。 座っていれば何ともないのですが、 立つと一分もしないうちに痛みで立ってい

解決済みの質問:

昨日朝から右足大腿部に痛みを感じます。
座っていれば何ともないのですが、
立つと一分もしないうちに痛みで立っていることもできなくなります。
神経が圧迫されているような痛みです。
昨夜は寝がえりのたびに右足が痛み、一睡もできませんでした。
突然のことに戸惑ってます。
何科の診察を受ければいいのか
助言をお願いいたします。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
こんにちは。猫山と申します。神経内科医です。

実際に相談者様を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんので可能性を挙げられるに留まりますが、ご記載を拝読する限り、まず考えられるのはその部位の感覚を司る神経の何らかの圧迫です。

少し補足情報を下さい。

①痛むのは、どちらかと言えば大腿の表面ですか? それとも深部でしょうか。

②痛むのは、大腿の全面ですか? 裏面(お尻側)でしょうか?

③腰を悪くされたことはありませんか?

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 1 年 前.

お答えさせていただきます。

①につてですが

大腿部表面側に痛みを感じます。

②については

大腿部上面と感じます。

お尻側には痛みを感じません。

③については

仕事柄、ぎっくり腰の症状を

経験してますが、数日で痛みが引き、

通常の生活を送れています。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 ④痛みを感じられるのは下図のL2と書かれた部位(オレンジ)、L3と書かれた部位(紫)、L4と書かれた部位(緑)のいずれかに含まれているでしょうか?http://blog-imgs-67.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/20140516223624414.jpg↑↑↑クリックしていただくと図が開きます↑↑↑ ⑤「仕事柄、ぎっくり腰の症状を経験」されているとのことですが、腰に負担がかかる動きが多い職業に就かれているのでしょうか。 以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.

④についてですが

L4に該当すると思われます。

⑤については

工場作業ですので

立ったりしゃがみこんだりと

動きを特定できる仕事ではありません。

座りっぱなしの仕事ではありません。

今の感覚ですが、

お尻と骨盤の付け根あたりに

刺すような痛みを感じます。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。 ここまでいただいた情報からは、腰椎のトラブル による下肢の感覚障害の可能性を第一に考えます。脊髄から、腰椎の間を通って足に伸びてくる神経の根が圧迫されることで、大腿の痺れや痛みが現れている可能 性が高いということです。 感覚障害が生じている場所から逆引きしますと、「L4」は「第4腰髄神経」のことで、4番目の腰椎と5番目の腰椎の間から伸びる神経です。「お尻と骨盤の付け根あたり」の感覚もこのL4が司っています。http://blog-imgs-82.fc2.com/m/e/d/medicaldataarchive/dermatome_lumber.jpg 「座っていれば何ともないのですが、 立つと一分もしないうちに痛みで立っていることもできなく」なるという所見は、腰椎による神経根の圧迫を示唆する状況証拠と言えます。日常生活の中では体位によって腰椎や椎間板にかかる圧が異なり、そのために姿勢や耐性によって腰髄神経の圧迫の度合いが変わってくるからです。 骨の中を脊髄が通る脊椎は、整形外科の中でも専門性が高い領域です。脊椎脊髄専門医を受診され、診察を受けられることをお勧めいたします。 下記のサイトから、日本整形外科学会認定の専門医を検索することができますので、専門医が勤務している、通いやすい場所の医療機関を探していただければ、お困りの症状についてレベルの高い診療を受けられる可能性が高いと考えます。【日本整形外科学会認定 脊椎脊髄病医名簿】http://www.joa.or.jp/jp/public/search_doctor/spine.html以上、ご参考になれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問