JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。
    必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14294
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

初めて相談させていただきます。 次男(14歳)が、記憶が途切れることがあるそうです。 「今思うと小学校3年生くら

解決済みの質問:

初めて相談させていただきます。
次男(14歳)が、記憶が途切れることがあるそうです。
「今思うと小学校3年生くらいから覚えのない事が起きる」と言っています。
たとえば給食時、自分のテーブルクロスを机の上に広げたところ、次に気づいたらテーブルクロスが突然折り紙のように畳まれていたり、ノートに書いた覚えの無い字が突然表れたり。
覚えはないものの、手を動かしたような感覚は残っているそうです。
3年生の頃に起きたショックな出来事としては、幼稚園から仲良くしていた女の子が小児がんで亡くなりました。
小さいながらも相思相愛で、親として見ていても『愛って年齢は関係ないんだな』と、とても想いあっていた子です。
『確か解離性障害という病気が似た症状だったな。。。』と調べたら、解離性健忘がとても似た症状のように思えます。
まずは脳神経外科にかかり、脳に異常がない場合は受診した先生の指示に従おうと考えておりますが、それで良いでしょうか?
精神科もある総合病院が二つあり、評判なども気になるのですが、つくば市近辺でこういった診断を得意とするお医者様はいらっしゃいますか?
同業者として答えづらいと思うのですが、診断が難しそうな症状なので、失礼ながらお尋ねさせていただけたらと思います。
よろしくお願い申し上げます。
投稿: 1 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機 能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】

こんにちは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。
大学病院で児童・思春期外来を担当していました。

実際にご子息を診察・検査できないインターネット相談では診断行為は行えませんが、解離性健忘はもう少し長く続きますので症状としては典型的ではないと考えます。仲良くしていた女の子が小児がんで亡くなってから5年間経っているわけですし、解離性障害ありきで考えるべきではないと考えます。

従いまして、「脳神経外科にかかり、脳に異常がない場合は受診した先生の指示に従」う、という方針で当たられるのは至極合理的な方針であると考えます。

病院紹介のご要望は多いのですが、JustAnswerでは、大多数の専門家は特定の医療機関の紹介・推薦を行っていません。
本サイトは、専門家、ユーザーともに匿名ですから、「
同業者として答えづらい」ということはありません。
医療カテゴリの専門家が、日本全国の全ての病院の内情を把握できているわけでもありませんし、相談者様を実際に診察しているわけでもありません。医師と相談者様の相性の問題もあります。そういう状況で、 こうしたサイトを通じた病院紹介は、病院側、相談者側の両方からクレームを受ける可能性があるからです(実際、そういったトラブルは、他の専門家が手がけた事案も含めて過去に何回か起きています)。
JustAnswerは病院紹介サイトではありません。これに関してはご了承いただけますと幸いです。
ただし、特定の病院ではなく、専門医療機関や専門医のリスト、医療機関の探し方はお示しできる場合がございます。


脳の器質的な障害が否定され、解離性障害 の可能性が高いと見做された場合は、児童・思春期精神医学の専門施設を受診する必要があります。普通の精神科や心療内科の病院・クリニックではこの年齢のお子様の問題には対応できないからです。 以下のサイトから検索できる児童青年精神医学会の専門医がいる施設を受診されることをお勧めいたします。

【児童青年精神科専門の医療施設一覧】

以上、ご参考になれば幸いです。
質問者: 返答済み 1 年 前.

早速のお返事を、ありがとうございます。

説明が未熟だったようで、再度書かせていただきます。

記憶が飛ぶような症状の自覚は9歳ごろからだそうです。

既に5年間同じ症状が続いており、だんだんひどくなっています。

今までは子供自身が小さかったために説明できず、また、何が起きているのかもわかっていなかったようです。

中学2年生になり、自分に起きている事に不安を覚え、説明もできるようになったようです。

よろしくお願いいたします。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.

申し訳ありません。

ご返信内容に特に新しい情報は含まれていないように思いますが、どのような回答を期待いただいているでしょうか?

「正しい答が欲しいのなら、正しく問うことである」という諺語がございます。
JustAnswerは、相談者様が質問料金を提示して質問を投稿し、専門家はその質問が自分の専門知識が及ぶ範囲のもので、回答にかける手間や時間が提示された質問料金に見合うと考えれば回答する、というサイトであると私は考えています。
従いまして、相談者様、専門家双方が納得できる回答をお示しするためには、初めの段階で質問を具体的にしていただく必要がございます。


今回のご相談でご質問になりたい事項を具体的に教えていただけないでしょうか?
「?」で終わり、それに答えらればプラス評価をしていただける質問文形式の文章をご記載下さい、という意味です。

私はそれが、「
つくば市近辺でこういった診断を得意とするお医者様はいらっしゃいますか?」であると理解していたのですが。

質問者: 返答済み 1 年 前.

失礼しました。

「解離性健忘はもう少し長く続く」というのは、記憶のない時間が短すぎるという意味でしょうか?

それとも、“5年間”が短いという事でしょうか?

「児童・思春期精神医学の専門施設を受診する必要があります。」という的確なご回答に、感謝しております。

私自身、受診前に病名を勝手に決めてしまうのが最も危険だと思ったため、こちらに相談させていただいております。

解離性健忘についての専門家のご意見をもう少し詳しくお聞きして参考にさせていただけたらと思います。

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

解離性健忘の場合、1回の健忘がもっと長く続く、つまり「記憶のない時間が短すぎる」というご理解の通りです。

一方で、ストレス状況が持続していない限りにおいては、つまりご子息のように9歳=小学3年生時の仲の良かった女の子の死別体験に基づいて解離性障害が起きたのだとしたら、それが5年後の現在に至るまで続いているというのは典型的ではないということです。

これで回答になっておりますでしょうか?
質問者: 返答済み 1 年 前.

「記憶のない時間が短すぎる」という点について、納得できました。

受診する際に時間感覚の質問があるかもしれないという心構えができました。ありがとうございます。

挙げた例は一部なので、もう少し詳しく確認しておきます。

一方「ストレス状態の持続」について、もう一度質問させてください。

息子は女の子と死別した事について、実は未だに引きずっていてつらいと話しています。

また、他のストレス(両親の離婚等)が持続している場合、きっかけとして死別があり、様々な強いストレスが波のように本人を取り巻いていると「ストレス状態の持続」が成り立ってしまうように思います。

そういった事情をお医者様に説明する場合に心掛けることはありますか?

専門家:  猫山司 返答済み 1 年 前.
ご返信ありがとうございます。

「そういった事情をお医者様に説明する場合」というのは、解離性障害を前提に精神科を受診する場合であると理解いたします。
心がけるべきは、「疾病利得の有無」でしょう。
解離性健忘を起こすことでご子息にメリットがあるか、という意味です。

解離性障害の場合、「音楽会で歌いたくないから声が出なくなる」、「宿題ができなかったことを担任教師に怒られたくないから記憶を失う」、「運動会が嫌いだから脚が動かなくなる」といったふうに、症状によってその場その場の利益を得ることができるのです。

辛いことを忘れたいから健忘を起こす、のであれば、それこそ、年単位で記憶を失う必要があります。
数秒、数瞬の健忘を起こすことでご子息に何かメリットが生じるのかどうかが、診断・治療において重要な要素になるでしょう。

途中で、次から次へと追加で聞きたいことは出てくるかもしれませんが、それは最初に設定・提示された質問料金に含まれていないものです。
そうでなければ以下のような事態になりかねないからです。
http://www.justanswer.jp/dermatology/5s0d5-.html
http://www.justanswer.jp/ob-gyn/91pjk-.html

この点につき、よろしくご理解くださいますようお願いいたします。

既に当初のご質問に対しては過不足の無い回答をしたつもりです。

追加のご質問がある場合は、このスレッドを適切に処理された後、別のスレッドを立てて新しいご質問として投稿していただけますと幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中
質問者: 返答済み 1 年 前.

現在、聞いている話では、長い時間の記憶障害ではありません。

誘導にならないように確認してから受診します。

ストレスと解離性健忘の関係も参考になりました。

ストレスが続いている事と解離性健忘を結びつけた物言いにならないよう気をつけます。

ご回答、ありがとうございました。

神経科 についての関連する質問