JustAnswer のしくみ:
  • 専門家に質問
    知識豊富な専門家があらゆる質問にお答えするために常に待機しています。
  • 専門家が丁寧に対応
    E メールやサイト内オンラインメッセージなど、さまざまな手段で回答を通知。必要に応じてフォローアップの質問をすることもできます。
  • 満足度 100% 保証
    専門家からの回答を確認し評価をすることで、支払うかどうかを決めます。
猫山司に今すぐ質問する
猫山司
猫山司, メディカルアドバイザー
カテゴリ: 神経科
満足したユーザー: 14357
経験:  医師。国立大学医学部卒業後、臨床と研究に10数年間従事
61645565
ここに 神経科 に関する質問を入力してください。
猫山司がオンラインで質問受付中

私(66歳)は北海道の地方の人間で、以前より妻(66歳)の周辺症状からMCIを疑い、地元の病院で無症候性の脳梗塞の経

解決済みの質問:

私(66歳)は北海道の地方の人間で、以前より妻(66歳)の周辺症状からMCIを疑い、地元の病院で無症候性の脳梗塞の経過観察検査で左中大脳動脈の血流が悪いことをきっかけに、主治医と打ち合わせ、つい先日セカンドオピニオンで札幌の脳神経外科でRI、CT(SPECT?)等5日間の精密な検査入院をし、妻と一緒に先生から動脈硬化は認められるが血管に余裕がありカテーテル治療までの必要はない旨の説明を受けると同時に血流?にMCIの反応は無く、そっちのほうも心配は無いとのことでしたが、退院帰宅早々、以前より娘夫婦(同年代38歳)(男の孫2人)間の離婚騒ぎで、まるで子離れできないでいる親子のように子供の親権やら転校した時のいじめ問題やら不安と心配の種を私に振り向け何とかしてとばかりに相談話をヒステリックに泣きながら八つ当たりする始末で、ついつい私も今日は黙っていられなく我慢の限界を超え怒鳴ってしまいました。脳神経的なMCIの所見がないことが分かった以上、情緒不安定によるメンタルからの疾患としか考えられず、心療内科を受診すべきか、また、他の疾患が考えられるのか、行くとしたらどんな手段を講じたらいいのかアドバイス下さい。
投稿: 2 年 前.
カテゴリ: 神経科
専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
こんばんは。猫山と申します。精神科医 兼 神経内科医です。

少し補足情報を下さい。

①「MCI」という概念をご存知であることには感服いたしましたが、これは画像検査だけで診断が付くものではありません(つまり、「脳神経的なMCIの所見がないことが分かった以上、情緒不安定によるメンタルからの疾患としか考えられ」ないという短絡的な解釈は成り立ちません)。心理検査、知能検査は受けられたでしょうか。

②奥様には、動脈硬化の危険因子となるような、高血圧、高脂血症、糖尿病などの持病がおありなのでしょうか?

③奥様に他に持病や常用薬があれば教えて下さい。

④「行くとしたらどんな手段を講じたらいいのか」とご質問されているのは、仮に精神科=心療内科を受診する必要があるとなった場合、奥様がそれを拒みそうであるということでしょうか。

⑤「こんな状態での日常生活はかれこれ10年以上になる」とのことですが、それはつまり、それ以前の奥様は、今とは別人のように精神的に安定した、聡明な方であったということでしょうか。

まず以上、確認させていただけますと幸いです。
※ご返信のタイミング次第で回答は少し遅くなるかもしれません。ご了承ください。

【「評価」「再投稿」「オプトアウト」の使い分けがわからないままこれらの機能を使わないで下さい。回答にご不明点がある場合は、「評価」をせずに返信機能でご質問下さい。評価は「最終評価」です。マイナス評価を下された後に追加でご質問をいただいても応じられない場合がございます。予めご了承下さい】
質問者: 返答済み 2 年 前.

①の心理、知能検査はしていません。

②の高血圧、高脂血症、糖尿病等の数値はクリア済みです。

③の持病らしい持病といったら中年期以降の甲状腺くらいで、それも一年に一   回の定期観察程度です。

④のケースは本人は極めて正常と思っている節があり、以前(かれこれ5年くらい前)に病院に行こうといったら、私を馬鹿にしているの、と逆上された事があります。

⑤結婚後の20代から子育てで異常なほどに自分の思い通りにならなくなるとヒステリックな状況はあり、性格的には潔癖症と言えるかどうか分かりませんがそれに近いものはあり、きわめてマイナス思考で、内向的です。

多分自分が幼少期に受けた母親からの影響では?

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
ご返信ありがとうございます。

⑥「多分自分が幼少期に受けた母親からの影響では」ないかとお考えなのはなぜですか?

⑦ここまでのご記載を拝読する限り、奥様の問題は狭義の精神疾患によるものではなく、元々の性格的な問題であるという印象を受けます。その解釈についてはどのように思われますか?

以上、重ねて確認させていただけますと幸いです。
質問者: 返答済み 2 年 前.

⑥についてはこの6月に本人が敬愛していた母親が認知症が原因でひとり暮らしの自宅で圧迫骨折をし、それを契機に1年半ほどの病院生活で寝たきりとなり急性肺炎で亡くなり、かなりの落ち込みがありました。

⑦私自身も、ひどく日常生活に支障がない限りなかなか踏ん切りがつかなく

本人を病人に仕立てて納得感を得たかったのかもしれません。

もう少し様子を見ます。

専門家:  猫山司 返答済み 2 年 前.
それがよろしいかと存じます。

少しでもお役に立てたのであれば幸いです。
猫山司をはじめその他名の神経科カテゴリの専門家が質問受付中

神経科 についての関連する質問